フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2020年01月09日 (木) | 編集 |
入門者に教える振りがソレアならソレアだし、アレグリならアレグリなんだろうけど。

セビジャーナスは体の向きがはっきり決まっているし、休みなくブラソも動かして踊るし
踊る基礎がない初心者には舞踊全般という大きなくくりでの
脳ミソのウォームアップだったり、神経回路つくりだったり、、、etc
そんなような意味合いでうってつけなんだよね~。
なので習うほうもヘロヘロだけど(笑)、教えるほうも労力がいる。
老母に初心者クラスをやらせるのは酷なので
もう随分前から初心者クラスはあたしが受け持っています。
手こずりながらセビを教えるのは通常運転なので辛いとは思わない。

ただこのところ入門者が途絶えがちで、つい最近は2年弱も前のことになる。
新人2名はジャンル違いだけど踊っていた若人たちなので覚えが早い。
手足を同時に動かして踊ることにあまり不自由がなかった。
ちなみにわざわざ言葉を選んで手足をバラバラに動かすとは書いてない。
踊れない人、運動神経が鈍ってしまった人にはバラバラで正解なんだろうけど
バラバラじゃないもん。
体を動かす方向に逆らわないように、なんだったら補助するくらいで
ちゃんと調和がとれているのが舞踊だから、さ。
ただバラバラなだけのなんちゃってダンスな運動なんてアシモに任しときゃいい。
人間さまは舞踊を踊るのだす
ともあれ、さくっとセビを覚えてしまったのでまったく苦労しなかった。
あたし、めちゃめちゃ楽だったのである
そしてこの2人には今も楽させてもらっている(笑)。
超楽(笑)

それが去年末から通常運転にもどった。あへ~。
ああ、この苦労、、、ひさびさすぎる
やり甲斐に燃えて感涙してるわけでもないけど、「あ~、これこれ」と思っているちう。
去年の稽古納めで、1年の締めくくりとして1番だけブラソを教えた。
正月休みを挟んじゃうので忘れるってのはわかっていたんだけど
なにせフラメンコを始めたばかりのニューカマーなので
年の区切りになにか区切りっぽいカンジで〆たらカンジいんじゃね?
そんなノリ。
来期に希望が持てるような演出を盛ってみたしだい( ̄ー ̄)

で、今日が稽古始め。
ご本人はさっぱりそんな気はしないだろうと思うけど
お休みしない人なので、どこかの時点ですかっと霧が晴れてさくっと仕上がると思う。
ま、次はパリージョが待ってますがね( ̄ー ̄)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック