フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2018年07月21日 (土) | 編集 |
よーはこんなヤツ↓。見たらわかるよね。

トラベル 航空機用変換プラグ ブラック TVR11BK(1コ入)
価格:270円(税込、送料別)(2018/7/21時点)



ヤザワ 海外旅行用 トラベル 航空機用変換プラグ TVR11BK
価格:317円(税込、送料別)(2018/7/21時点)
機内で提供される消毒済みの耳かけヘッドホンってさ
耳かけが細~いプラスチックで耳の付け根が痛くなっちゃうし
調整してもやけに耳への当たりが気持ちわるし
しかもカバーのスポンジが激薄で、長時間つけていると耳たぶも痛くならない?

以前からこーゆーのがあることは知っていたんだけど
ご覧の通り値段は300円とかそこらなのに送料がかかってしまうので
ま、ネセシトじゃないしな。ついでのときに買おうと思ってた。
そして忘れまくってた
これでもいんだけど
われわれフラメンカってフライト時間が長いほうは10時間ちかく機内だし
スペイン直行便に乗る人は10時間越えるし
ケーブルが邪魔で仕方ないんだよねぇ。
食事のときとか、さ。
なぜか本日「あ、そーいや、、、」って思い出したんで
Bluetoothヘッドホンに飛ばすドングルないかと思って検索したんだけど
まだそんなものはこの世にはないようだ。
あるのかもしれないけどたぶん高価なんでしょ。
検索しても金額順でソートしてあるていどの金額以上は見ないから知らない(苦笑)。
と、まぁ、希望通りのドングルはあるのかもしれないけど
高価ならこの世にないも同然なので
あたし的には今はまだそんなモノを製造している会社はない(きっぱり)。

ちゅうわけで100均でも買える昔ながらのイヤホン@有線を使うことにして
上記のどっちかで買うことにした。
もっと安いところもあるんだけど送料が500円とか600円かかるので
結局ざっくり1,000円ってところ。
ケンコーコムとRakuten24はネコご飯を買うときに使うことが多いので
送料無料になるハードルは楽々超えるからどっちかでついでに注文します。
どっちになるかは注文するときのネコご飯のラインナップ次第。
ウチのネコさんたち飽き性なのでおなじエサは食べなくなっちゃうから
毎回銘柄を変えて味変しているので(笑)、どっちで注文するか今のところわからない。

一緒に注文して欲しい人、コメント欄にどぞー。

今月分はもう買っちゃったあとなので来月の注文のときに、ネ。
別にへレス行きを予定している人じゃなくてもオッケーよ。
出張のある人、フェスヘレじゃないけどスペインに行く予定のある人
どなたでもご遠慮なく~。

ただし、ウチの生徒やたまに会う人なら手渡しできるけど
そうじゃない人は郵送になるわよ。
最悪パッケージをあけて裸で封入する必要があるかもしれないけど
そんなに大きなモノじゃないからおそらくフツーの封書でいけるとは思う。
重量制限でひっかかったら82円じゃ無理かも(?)。

またはフェスヘレに参加する人なら現地で手渡しは可能。
もちろん往きだけは不快な航空会社提供のヘッドホンになります。
帰路と次回のフライトの往復から晴れてフル自前イヤホンorヘッドホン!
あ~、あと、いまの時点で何日に行くかまだわからないけど
予定があえばANIFの新人公演でも手渡し可能かも~。

■ぢぶんで注文しちゃったほーが楽な人は↓コチラ。

M【送料無料】 ヤザワ 航空機用変換プラグ☆TVR11BK★|1603YZTM^
価格:554円(税込、送料無料)(2018/7/21時点)



■ちなみにこっちのほーが確実。
あたし欧州系と中東系でしかスペインに飛んだことないんだけど、ヘッドホンジャックが1ピンの航空機にあたったことはありません。だからってこれからも当たらないとは限らない。航空会社が機材を入れ替えちゃったらそれまでよ~、なので。2ピンのジャックに1ピンのアダプタならステレオ音声じゃなくなるけど、どっちか問題少ない方に刺して使えばいいけど、、、1ピンジャックの機材だと2ピンのアダプタは刺せませぬ。安いもんだからいいや!ってアダプタのピンを折ったら物理的には刺さるけど、おそらく音聞こえません。自信はないけどたぶんそーです。3ピンジャックの機材もあるらしいですが、三角の頂点だか(?)底辺だか(?)を除いて2ピンにだけ刺してオーライなハズです。3ピンのやつは、1ピンは電力供給だったり、サージ用だったり、なんだかよく知らないケドなくてもフツーは困らない用途に使われていると相場は決まっているのですよ。


2018年06月26日 (火) | 編集 |
今年も現地ではじめましてな人からクラス選びの参考にしましたと言われたので
トンチンカンなことを書いて恥をかくのをものともせず
凝りずに書いていきます。
まったく情報のない人にはこんなんでも1つの意見ではあるハズなので
完璧に無駄ってコトもないと思うんですよ

100パー真に受ける人はいないと思うけれど
もちろん真に受けちゃいけません。
たった一人の個人的な意見です。
なんだったらお友達がコメント欄に意見を書いてくれることもあるので
(ないこともある)
コメントがついていたらチェックするよろし。

■前期、午前、アルムデラ・セラーノ、入門1、タンゴ
入門1ってのは、フラメンコやったことないぐずぐずの素人さん向けクラスです。
ギタリストとか男性のカンタオールはともかく
日本人はカンタオーラでも踊りやったことない人は皆無だと思うので
あんまり縁のないクラスです。
それでもウナ・パタを何パターンかだと思うので(?)
追加クラスとして押さえるのはいいかも。
日本ではタンゴでウナ・パタることはあまりないと思うけどね~。
くれぐれもビビってこのクラスだけ! とかにはしないよーに。
■前期、午前、ピラール・オガジャ、初級、ガヒーラ・バタconアバニコ
毎年フェスティバルの舞台にあがっている現役の踊り手さんです。
25名も教えるのはうまいとはいえない気がするので
きっちり先生の近くに陣取って習ってくること。
あたしは印象よくないんですけど
知り合いはがっつり前列の先生そばで習うタイプの人ばかりなので
やっぱりなカンジで、その人たちから悪い印象の話しはききません。
ぢぶん次第です。
先生の近くに陣取りましょう。
■前期、午前、ラ・モネタ、初級、タラント
ラ・モネタだ~。初級を教えるんだね~。
こちらも現役の踊り手さん。
来日したこともあるし、スペイン全土で公演しているバリバリの踊り手。
クラスを受けたことはないんだけど、、、
とにかく町なかをウロウロしているのですごくよく会います。
おそらくめちゃくちゃ性格いいです。
でもって踊りはザ・グラナイーナ!(=グラナダっ子)
■前期、午前、アントニオ・エル・ピパ、初級、ロンデーニャ
地元の人気者。わりと流行どこ吹く風な男性舞踊手。
ヘレサノお得意の6拍でいくアバンドラオ系の曲です。
ピパ先生の初級クラスは、ちゃんと初級をやってくれます。
つか、ウォームアップからしてしっかりやるクラスらしいクラス。
■前期、午前、マルコ・フローレ、中級、シギリージャ
マルコ君もスペイン全土で公演をやるクラスの踊り手さん。
知りあいがマルコラブでクラスを受けたので、アレグリを見たことある。
男性ぽくないボニートなカンジかな。スイートなカンジ。
あるていどまえもって準備していたみたいで、振り長かったです。
中級クラスなのでそれなりに踊れる人が参加するでしょうから
レベルのヤバい生徒ムーショにならなければ満足度の高いクラスかと。
■前期、午前、ロシオ・コラール、中級、バタ
マエットラ・マチルデ・コラールの娘さんです。
曲名がないけど、おそらくは何かしら振り付けるような気はします。
いつもは少なくとも曲指定はあるんですけど
それでもクルシージョにはめずらしくバタのテクニカをしっかりやるので
「あ、あたしのクラスってテクニカ重視じゃん。
だったら最初からテクニカって表記しておいたほーがいいわ
くらいのカンジで曲目を決めなかったのかと。
■前期、午前、ラファエラ・カラスコ、プロ、ソレア
本来の表記はペルフェクシオナミエントなんですけどね。
※パーフェクト化。的なニュアンスのスペイン語。
単語がなげーのでプロって表記しているけど
劇場の資料にも指導者およびプロレベルって書いてある。
で、そのとーりの人たちが受けているかと(?)。
後述のラトーレ先生のクラスが、ステージで踊る人(=プロ)的な
意外に微妙な人が混入するのにくらべると指導者が多い印象。

■前期、昼、ビアトリス・モラーレス、入門2、アレグリアス
入門2は振付仕上げるのかなぁ??? よくわからないなぁ。
おそらく受講する生徒たちのアベレージ次第です。
がちなレパートリーなので
すでにアレグリアスの振りを持っていても受ける価値あり。
ただ入門2かぁ、、、。
あんまりビビって下のクラスを受けないほーがいいと思うんだけど、、、
どーなんだろーなぁ???
■前期、昼、アンヘリータ・ゴメス、初級、ブレリア・デ・ヘレ
ゴメ先生のブレリアは、それほど足パソやらないので初級も中級もありません。
唄を聞いて、いいカンジのところでマルカールやレマーテをぶちこむ系なので
じつは難しい。
足パソやるより難しい。
だから当初は一貫して中級と銘打っていたんだけど、、、
受講の敷居をさげるために初級と書くようにしたのかな?
中級でも振りはつけてくれるので。ぶっちゃけ初級要素あります。
ちゅうわけで、ホント、このクラスに関してはレベル分け意味なし。
へレスに行くんだからブレリアやってきましょう。
■前期、昼、インマクラダ・アギラール、初級、ソレア
コルドバのがち先生。アカデミアのプロ講師です。
もちろん踊り手でもありますけど、ね。基本、先生。
生徒たちを踊れるように指導してくれるので
初級クラスってことでもありますし
入門寄りの生徒が多いと
エッコビージャとマチョ・フィナルが激ポコになっちゃうかな。
それでもちゃんと仕上げてくれます。
■前期、昼、ラファエラ・カラスコ、初級、ティエント
おお、初級クラスもやってくださるんだ!
今も継続中なのか調べが足りてないんだけど
アンダルシア舞踊団の芸術監督ってか、振付師てか、舞台を作る方です。
そして、たいていは主役を踊る現役の踊り手さんです。
しっかり習ってきて、ステージで踊りたいって気のある人には
いいクラスじゃないですかね~。
ただし、数年前のことなんですけど
ぢぶんの公演の準備とフェスヘレの時期がかぶり、いっぱいいっぱい、、、。
フェスヘレのほーがちょっと疎かになったことがあったみたいです。
来年のことなんて本人でもわからないハズなので(汗)
そういうタイミングにあたったら泣いてください。
基本的にスペインの環境はそーゆーリスクがつきものみたいです。
■前期、昼、マヌエル・リニャン、中級、タンゴ
公演チケットがそっこで完売する売れっ子の踊り手さんです。
本人のタンゴがなかなかいんだよね~。
リニャンさんカラーってより、トリアナプーロ。
劇場公演の多い人なので、ウナ・パタつぅより
タンゴなのでウナ・パタ的にはなるけど
それなりに1つの作品になる的タンゴかと(?)
おそらくそんなカンジかな~。
だとしたら、それなりにエッコビージャあります。
現役、若手の男性舞踊手なので、中級だし、パソは簡単じゃないかと?
人気あるので定員打ち止めはソッコーです。
このクラスを受けたいなら、申し込み開始を待ち構えてソッコで。
■前期、昼、ラ・モネタ、中級、サンブラ
ザ・グラナイーナ、モネタさんのサンブラ。
絶対面白いわ。
受けたいけど定員打ち止め早いだろーなぁ~。
申し込み開始直後に勇んで申し込みしないので諦めます。
■前期、昼、アンドレス・ペーニャ、中級、ブレリア
日本にも何度も来たことがある男性舞踊手。
エッコビージャが大変なイメージがあるのでなんとなく受講しそこなってる。
へレスに自前の稽古場をかまえている地元の踊り手さんなので
めちゃくちゃ関心あるんだけど、、、
エッコビージャできなさすぎだと踊る以前の問題なので勿体ねぇなぁ、って。
あたしが足得意じゃないのは、みなさんの比じゃないので
みなさんなら消化できると思います。
どんな音量で打つか?
的なことを習ってくるとソニケテ・デ・ヘレの片鱗を勉強できるかと。

■前期、夕方、ヘマ・モネオ、入門2、ブレリア
いい踊り手さんだと思います。
ちょこっとフラメンコをかじったことのある入門者用クラスのブレリアかぁ、、、。
このへんはあまり受講する気がないからなにも思いつかないんだよなぁ。
フラメンコとはなんぞや?
とか辛気臭いことを考えない、踊りが好き~
てな、ある意味
精神的に健康な人が受けたらすごいいいクラスなんじゃないでしょーか?
■前期、夕方、アンドレス・ペーニャ、初級、ハレオ・エットレメーニョ
またわかりにくい曲を、、、(苦笑)。
ハレオなんで6拍のブレリア的なやつだと思っておけばいいかと。
ちゃんと初級をやってくれれば
へレスくんだりまで行く日本人はだいじょうぶだと思います。
曲を知らないからとかビビらないで受けてみたらいかがでしょ?
■前期、夕方、マリア・ホセ・フランコ、初級、カラコレスconアバニコ
こーゆーがちクラスをやってくれる人がいると助かります。
カラコレスは唄の長さがリブレなのでタブラオ向きじゃない。
みたいな感じはあります。
クルシージョで習ってきた曲を発表会で踊らせてくれる先生の教室でも
エンサージョの回数をそれほど多くとらない場合は
タブラオ的な一発合わせの要素が必要って意味でタブラオ向きじゃない
と表現してさしつかえないと思うので、各自の環境にてらしあわせて読んでください。
でも、あまりにもポピュラーな曲ので
その他のリブレな曲より唄い手さんも合わせるのが楽な部類だと思います。
若い先生なのでアバニコはペケーニョを使うと思います。
小さいアバニコ持参でレッツ・ゴー!
■前期、夕方、ガラ・ビバンコ、初級、ダンサ・エッパニョーラ基礎
ダンサ・エッパニョーラちゅうのは、パリージョをパリパリしながら踊るやつ。
セビジャーナスやファンダンゴより難しい。
なんだったらconパリのノーマルなシギリージャよりテクニック的には難しいかも。
パリージョを叩きながらエッコビージャするとかそんなカンジ。
足も手もミュージックしちゃう難いやつ。
ビバンコさんはクラスにギターも唄もつけなかったかと。
でもって初級なので、ホントに基礎練的なことをやるクラスだと思いま。
■前期、夕方、オルガ・ペリセ、中級、アレグリアス
きたわぁ~。ペリセさんのアレグリアスです。
コンテンポラリーが得意な踊り手さん。
でもアカデミアでべたべたのフラメンコも習っているのでそっちも踊れる。
しかもよい!
むちゃボニータdeフラメンカ!
クラスでどっちを教えるかは神とペリセさんのみぞ知る。
身体能力高い系の踊り手さんなのでコンテンポラリーぽい動きはするけれど
曲はあんまりいじくりまわさないかなぁ~?
ちゅうわけで、わりとステージに上げやすいかと。
■前期、夕方、マリア・デル・マル・モレノ、中級、ソレア・ポル・ブレリア
ポルブレで中級なのでそれなりにテクニック的にはきついかと。
でもヘレサナは
音の刻み方的なのがどうにもこうにもリズムマシン的であり
ミュージック的。
裏をかえすと、靴裏をまんべんなく使った小難しいテクニックはやらない。
アホみたいなレマーテとか
ド派手なジャマーダとか
見てるほうの顎がはずれる超絶サパテアドはやらない。
点数をつける体操みたいな超絶テクニックより
ひたすらリズムが好きみたいな人に薦めたい。
ところが、沖縄のおばぁとかねぇねぇ的な雰囲気を期待していくとそれもちがう。
踊ること、踊らせることに関してはあんがい南国感ない(?!)。
■前期、夕方、ハビエル・ラトーレ、中級、ファルーカ
レベル以下の生徒に合わせないし
できなくて隅でクサっている人がいても気に留めないラトーレ先生です。
われながらよくこのクラス受けるよなぁ~、って感心する(汗)。
たぶん、ね、踊ることが好きでフラメンコやってて
クラスのレベルについてこられなくても本人がイヤじゃないなら
ぼくは気にしないよ~。
好きにやったらいいよ~。
ってカンジなので、あくまで”ぢぶんの選択”だから抵抗なくイケるんだと思います。
専業の振付師なので、ちゃんと踊れる人が受けたら最高なんだけど
実力不足でも次までにクリアしてこよ! って気概があるならいいクラスです。
ぢぶんに合ったレベルを受けるのも手だし、上を見るってのも手ではある。
受講生のレベルにあわせないので、ちゃんと中級です

■後期、午前、イレーネ・カラスコ、入門2、アレグリアス
またしても判断に困る入門か、、、。
でも、このレベルって必要なんだろな~、と思う。
踊りをやっていたけど、年齢的なことで踊りはやめちゃったセニョーラとか
あんまりキツいクラスは受けたくないみたい。
と、初級よりこのへんが丁度いいみたいなんだよね。
■後期、午前、イサベル・バジョン、初級、カーニャ
あらぁ、最近バジョンさんは初級をやるようにしたのねぇ。
中級教えるより初級を教えるほーが先生の負担が大きい。
このへんのベテランの現役踊り手さんが
わざわざやるクラスじゃないからだと思うんだけど
踊る気満々のバリバリ現役さんが受ける中級以下はやらなかったです。
曲をいじくっちゃうタイプなので、普通にレトラ2つのエッコビージャのハケ
みたいな構成をやらないから振付がコンプレトするとはかぎらないし
コンプレトしてもステージにあげにくかったりするんだけど
あたしバジョンさん好きなのよね~。
久々に受けてみよーかな~? と思案ちう。
■後期、午前、アンヘル・ムニョス、初級、ソレア
アカデミックつか、テアトロ的つか、そんな踊りを踊る男性舞踊手です。
足さばきもブラソもマノもキレイ
そして、ムチャーチョ親切指導でして。
リピーターの中高年が多くてユルいクラスなんですけど
ときどき魔がさして山盛りの振りもやるみたいです。
知りあいが受けた年はそーだったようで
「あんた、話しとちがうじゃない」ってなったことがあります。
来年はどっちでしょ~?
なんにしてもムニョさんはずっと一緒に踊ってくれるので
フラメンコの踊り方のお作法を勉強したい的な、真面目な人にはいいですよ。
■後期、午前、マヌエラ・カルピオ、初級、アレグリアス
なんか来年ってアレグリアス多い?
この先生、なかなかビミョーなんだよなぁ。
ムニョさんレベルで親切指導です。
なので手取り足取りなネチネチ指導が好みな人にはいんだけど、、、
クラスはわりにダルかったりする。
自力でパソはとってみせますとも! な、やる気のある人には奨めにくい。
だからひとには奨めないけど
あたしは他の人にアレグリを習うならカルピオさんを選ぶなぁ。
べったべたなへレスの踊り手なんですよ。ヒターナだし。
ただへレスってソニケテタウンのせいか?
踊り方にそれほど強い個性はないっぽい(?)。
セビージャとかマドリとかグラナダ的なわかりやすい特徴はない気がする。
ヒターナの一言でグラっと来た人は、もしかしたら思ったんと違うかもよ?
あ、あと、たぶん最終日はフィエスタ!
一日早く振付が仕上がっちゃいます。
それはいんだけど、いかんせん初級なので進度がトロいから
唄振り以外は超中途半端なのがつきます(笑)。
■後期、午前、アリシア・マルケス、中級、ティエント
セビージャのアカデミアのオーナーです。プロ教師。
歯ごたえありまくりだと思います。
ちゃんと踊りたい人は根性いれて受けておきましょう。
■後期、午前、エル・チョロ、中級、タラント
踊れるデブ(失敬!)のエル・チョロさんです。
パパイヤ鈴木が達者な踊り手であるよーに、チョロさんも達者。
キャラクター的にステレオタイプすぎてガチ感ぱない。
達者かつ、味のある振付をやってくれると思います。
タラントなので女子にも向いたカンジの振りになるかとは思うし
基本受講生の大半は女子なので、そうならざるを得ないと思うけど
やっぱり男性が受けるべきかな~。
■後期、午前、メルセデス・ルイス、中級、シギリージャ
こちらもベテランの現役舞踊手。
初級の人が習ってもネコに小判ってやつ。
まっとうに中級クラスです。
シギリージャだし、難しいんだろうなぁ。
メルさんは派手さはないんだけど、なかなかシャレた踊りを踊るというイメージ。
つか踊り激うま!
■後期、昼、カルメン・エレッラ、入門1、タンゴ
一番悩ましい入門1だ。そしてタンゴだ~。
つか、フラメンコやったことないズブズブの素人に
フラメンコの曲のコンパスがわかるわけないのでタンゴになるわな
ってカンジなので1ミリも考慮する必要なしってことでいいかと。
へレスのフェスティバルじゃなきゃセビジャーナスをやってるところ。
■後期、昼、アンヘリータ・ゴメス、初級、ブレリア・デ・ヘレ
レベル分けってカテゴリに当てはめるのが超厄介なへレスのブレリア。
このパソを何コンパ、このパソを何コンパ、、、って
振りを覚えて帰ってもなんの役にも立ちません。
覚えるならレトラごと覚えるしかありません。
このクラスは毎年コツコツ受け続けるべきクラスです。
だからって1回こっきりフェスティバルに参加する人には無駄とも思わない。
この人は、どーして振付けを覚えて帰っても役に立たないとかゆーわけ?
くらいクラスを受けてもその意味がわからない人でも受けるべき。
だってへレスに行くんだもん
■後期、昼、アンヘル・ムニョス、初級、アバンドラオ
ジモティなのでブッキングしやすいのか? やっぱり2クラスですなぁ。
以前はおなじレベルでおなじ曲を
なんだったら振りもおなじで2コマやっていたので、補修可能クラスだった。
去年あたりからそれやめたみたい。
つことは、ちぃとはシャキっとしろ! と喝入れ姿勢に変わったのかな。
おそらくそうだと思います。
有名人じゃないのに(失敬)、毎回コンプレトが早かったくらい
リピーターに支えられていた先生です。
しばらくはその名残があるかと思うけど
数人は別のユルいクラスに鞍替えしていると思われるので
やる気のある若人にもお薦めできるクラスになってぽいです。
誰か来年受けてコメントに感想くらさい(懇願)。
■後期、昼、メルセデス・ルイス、初級、ロンデーニャ
メルセデスさんもジモティ。なのでいつも2クラス。
あら!? 来年も初級クラスやるんだ!!
ネコに小判なのに有難いことでございます。
ロンデーニャかぁ、、、。また微妙なところを、、、。
むしろ中級ロンデーニャ、初級シギリージャだろ~。
てのはキャリア微妙なあたし的意見。
バリバリ踊れる人はどっちもレパートリーに入っているので
なにも考えず中級を受ければよい、とゆー。
■後期、昼、マヌエル・ベタンソ、中級、カーニャ
ん? カーニャもこれで2つ目かな?
フラメンコはあまりバリエーションないっちゃない気味なので
かぶるのはフツー。
ましてレベルは違うし、先生の個性もちがうから
おなじ曲だからって”かぶった”とは言わない部類。
なんだけど~、なんでトリアーナっ子のバジョンさんとかぶるかな~(笑)。
何年前か忘れたけど
トリアーナっ子の男子タンゴを習うか、女子タンゴを習うかの選択
って記事を書いた記憶がある。
もう一度おなじ文章を書きます。
男子カーニャを習うか、女子カーニャを習うかの選択(笑)。
■後期、昼、レオノール・レアル、中級、ブレリア
短髪で、なんだったらサパトを履かないで踊る踊り手さんです。
だからってカルメン・アマジャ的ヒターナ全開ではない。
ヨーロッパではこの系統の踊り手さんはとても人気があるみたいです。
劇場公演のときにはカーテンコール激熱です。
■後期、昼、コンチャ・ハレーニョ、中級、ガヒーラconアバニコ
裸族度低いマドリの踊り手さん兼プロ教師。
おそらくレベル高い。
でも、アモール・デ・ディオスのクラスは死体製造機でも
こーゆー単発のクルシージョだとそこまでキツくない。
ハレーニョさんのクラスを受けるためだけにへレスに来る人もいます。
幸いプロクラスじゃないのもチェックポイントかな。
■後期、夕方、フアン・アントニオ・テヘロ、入門2、ソレア・ポル・ブレリア
多少フラメンコをかじったことのある人向けの入門クラスでポルブレ。
ふむ。
ポルブレだとスペインの初級クラスだとけっこう難いことがあるので
本来は入門ってことはないとおもーよー、な人でもジャストかも。
■後期、夕方、マリア・ホセ・レオン・ソト、初級、ティエント
劇場の講師紹介コーナーの写真を見るとキレイな人ですね~。
もんのすご~く丁寧にプロフィール書いてあるんだけど
スペイン語なので第二段落あたりまで読んでギブ
つか、あたし的にはこのへんまでの情報で十分。
ヘレサーナだけど、マドリあたりでキャリアを積んだっぽいです。
裸族度の低い踊り手さんかな。
のわりにはセビージャのマエットロ/ラ達にもだいぶん習ってるぅ~。
いわゆる大御所はひととおり習っています。
がんばって三段落目以降もテキトーに飛ばし読みすると
古いことばっかりやっているわけじゃなく、今の時代も吸収している雰囲気。
おそらくスター性キラキラみたいなのはないけど、いい踊り手かと。
なんでよくわかりもしない人のことをくどくど書いているかとゆーと、、、
レベルと曲がちょうどいいカンジなので
もしウチの生徒がフェスティバルに参加するなら奨めるなぁ、って思っているから。
■後期、夕方、ホセ・ガラン
この人のクラスは、身体的に不利な人、知能的に不利な人のワークショップ。
2時間クラスとかスパルタすぎるので2クラスに分けてあるんだと思う。
■後期、夕方、マヌエル・ベタンソ、中級、ガロティン
だよねーーーー!
いっくらフラメンコがバリエーション少な目って言っても
そんなに少なくないよねー。
なのになんでこー毎年毎年バラけ具合が皆無なの?
レベルも先生もジャストなのに、その曲じゃね~
が多すぎてクラス選びで難航すること難航すること
ベタンソ先生はあまり古典的なタイプとは思っていなかったんだけど
今年はconアバニコなカラコレだったかな?
伝統的にこの曲にはこの小物を使うという、というのを
わざと崩すってはもちろんありで
どっちかつぅ~とそっちタイプの踊り手さんだと思っていた。
でも、、、二年連続でガチできたな~。
しかも変わった曲じゃなく、ポピュラーなのをもってきています。
こうしたことから何かしらのメッセージを受け取るべき案件。
■後期、夕方、アナ・モラーレス、中級、ソレアconバタ

あわわ、身支度しなくっちゃ、、、。
続きは稽古からもどってきたら書きます。
って、、、推敲しないで公開しちゃうの恐いなぁ~。
ま、いっか。

ただいま帰りました。
ってワケではりきって続き。

■後期、夕方、アナ・モラーレス、中級、ソレアconバタ
来年もバタですな。
若手が多すぎてだんだん記憶がぐちゃぐちゃになりかけているんだけど
誰かのステージにお呼ばれして踊ることが多い系統の
キャリア上昇中の実力派的な踊り手さんだったかと? かと? かと?
ガチ中のガチ曲をバタでしょ~。
しかっり習っていらっさい! 使いで盛り盛りにちがいないから。
そんなカンジ。
■後期、夕方、ドミンゴ・オルテガ、中級、タンゴ
リニャンさんの場合は、テアトロ公演のバリエーションの1つになりそーな
それなりな起承転結のあるタンゴになりそー、とか
外す確率があるにしろなにかしら思い浮かぶんだけど
ドミンゴさんは、、、どっちだろ~?
沖縄のおじぃやにぃにぃを連想してかまわないカンジの
フラメンコ大好きヘレサーノ@南国マインドだと思うんだけど
マドリ歴が長いみたいなんで裸族度が目減りしている可能性がある。
つまりリニャンさん的タンゴをやりそーな可能性もあるし
とっ散らかった、作品とは呼びにくいウナ・パタ・タンゴごっつ盛りな可能性もある。
つか、ホント、レベル、曲ともかぶるクラス多いなぁ、、、。
先生の個性がちがうから正味の意味ではかぶってないんだけど、、、
全部の先生を熟知しているわけじゃないから選びいくいちゅーんだよ!!
■後期、夕方、ハビエル・ラトーレ、プロ、カンティーニャ
毎度のパブリコ付きクラスです。
つまり、6日間で振りを仕上げて7日目には舞台にあげます。
なだけにプロじゃないと困るからプロ指定のクラスなんだけど、、、
あたしみたいに「こんな機会でもなきゃスペインの舞台にあがれないわぁ」
ってな呑気なあんぽんたんも受講してしまうので
ラトーレ先生が禿げないか心配(ぼー読みcon鼻ほじ)。
通常クラスでは受講生のレベルに無関心で粛々と振付をすすめますが
舞台にあげなくちゃいけないので
無理なことを生徒にやらせない配慮があります。
ちゅうわけでできないことはしなくていいんです(押忍っ)。
とか書いたせいで、呑気ハポネサが大挙してクラスを受講したら
先生、ごめんなさいm(__)m。

だいたいこんなところかな。
では、みなさんへレスで会いませう

2018年06月23日 (土) | 編集 |
超お得なのにあたしのご友人がぜんぜん反応ないので
ブログの記事の書き方がわるかったのだと反省した。
たしかにクソみたいな長文だったし、あれもこれもと詰め込んだからなぁ。

そろそろへレスフェスティバルの申し込みがあるので
あたつの仏様とゆー名のご友人たちに
あたつだって仏要素あるのを思い出してもらうべくメールした(笑)。
で、まぢよい情報なのでヘレフェスに行こうと思っているインターネッターさんたちにも紹介。

VISAデビとはなんぞや?
Debitってのは、ファミレスやコンビニでキャッシュカードで決済するときの仕組み。
銀行口座に直接引き落としにいく。
日本ではメシ屋とかの個人商店は除くけど
デパート、電気量販店、みどりの窓口、郵便局、区役所、、、etc
公共性の高いところで使えない所はありません。
でも海外では日本の公共性なんか気にするはずがないので
デビットを決済するシステムがありません。
日本は中国人の爆買いをアテにして連銀のデビットを決済しますけど、ネ。
そこでクレカです。
この銀行キャッシュカード、「VISAクレカのふり」をしてくれるんです。
ただし基本デビットなので銀行口座の残高不足だと決済をはじかれます。

普通のクレカでええやん。なんでVISAデビなの?
ですよね~。
クレカの申請に親の同意が必要な未成年には意味あるんですけど
大人なら頼まなくても各ポイントカードに付帯していたりするので意味なさそうです。
いやいや、あるのです。
VISAデビならなんでもいいってわけじゃなく
ソニー銀行のVISAデビがわれわれフラメンカにはマストなんです。

クレカでビジャマルタ劇場のクラス代を決済すると
VISAの場合は、1.63パーセントの手数料を取られます。
この手数料は
銀行間の為替レートにいくらか両替手数料を上乗せした金額にかけます。
このレートは市中の両替屋や銀行の両替窓口よりは劇安です。
みなさんもいくらかは現金をもっていくと思うので両替していると思いますが
そのときの手数料は、1ユーロ当たり4円とか5円だと思います。

2018年6月23日の銀行間取引の為替レートは、1ユーロ128.12円。

あたしの友人もあたしも前後期参加するのでクラス代は最低2クラス。
365ユーロ x 2 = 730ユーロ。
宿代は人それぞれかと思いますが安く見積もって
1晩35ユーロ x 16日 = 560ユーロ。
わわわ~、1,000ユーロ越えた~。1,290ユーロだぁぁぁ。
■ビジャマルタ劇場は、現地での現金決済はしてくれないけどしてくれたとして
市中の両替屋で両替した現金で決済すると
1290ユーロ x (128.12円 + 4円) = 170,434.8円
■VISAクレカ
ココでリアルタイムな金額が調べられるんですが
この記事を書いている今 1 Euro = 130.696963 Japanese Yen だそーです。
ってわけで
1290ユーロ x 130696963円 = 約168,599.1円
■ソニー銀行のVISAデビ
今現在の購入レートが128.40円で、両替手数料が15銭なので
1290ユーロ x (128.40 + 0.15) = 165,829.5円

ソニーVISAデビとVISAクレカの差額は約2,769.6円でソニーVISAデビ有利。
ソニーVISAデビと銀行両替の差額は4,604.5円でソニーVISAデビ有利
この金額を屁と思う人もおりましょうとも。
じつは、この他に
ご飯を食べたり、お茶 or 呑みをしたり、ショーを見たり
少なくともマドリ - へレス間の交通費はユーロ建しかあり得ないので
あと500ユーロくらいは必要だと思います。
それでも、1回しかへレスに行かない。
ハワイも、グアムも、海外になんか行かない!
とかなら手間なだけなので
数千円の差額ならカードを新しく作る必要ないと思います。

あたしも友人も外部のクラスを受けることがよくあるので100ユーロ追加だし
サパトやマントンや衣装を懐しだいで買-てまう病を発症すると更に300ユーロ
へレスの前後にセビージャ留学を1週間くらい追加しちゃうと
宿代+飯代がもう7日間必要でクラス代もかかるから激貧乏旅でもやっぱり300ユーロ。

1800ユーロくらい使ってるかな?
あたしは無駄遣いしないのでけっこう額少ないほうだと思います。
ちなみに、航空券代は普通に円決済なので
もっとお金を使っているけどその分は無視しています。
どう転んでもユーロで払わざるを得ないモノだけを話題にしています。

ソニーVISAデビの仕組み
上記で1290ユーロの決済を円建てで計算したのを見て
お得だとわかれば仕組みなんてどーでもいい人は読み飛ばしていいです。

基本デビットなので、口座に残高がないと話しになりません。
そこでユーロ口座に円口座から資金を移動しておきます。
そのときの両替手数料が片道15銭なのです。
で、そのユーロ口座に対してVISAからユーロ建てで請求がいきます。
この15銭てのが
VISAで支払ったユーロを円建てで決済するときの手数料1.63パーセントより安い、と。
ただ、人によっては誤差の範囲。

フツーのVISA決済なら使わないお金はビタ一文必要ないですが
VISAデビなのであらかじめ口座にお金をいれておかないといけない。
使う金額ジャストなんて神のみぞ知るなので
現金を両替するのとおなじでちょっと多めに両替します。
毎年へレスに行く人は多少のこっても問題ありませんが
(1年寝かせている間につく金利が日銀の金利よりマシだし(苦笑))
使えないお金を口座に預けておくのがイヤな場合
円に戻すのにまたぞろ手数料をもっていかれるので手数料が往復になります。
フツーのクレカだと往きの手数料だけ考えればよく
復りの手数料を考える必要はない、ってのを考慮しなくちゃあかんです。

ただ、ネットバンクなのでオンラインバンキング対応です。
あたしは今年、もっと安いバタを買うつもりでいたら案外安いのがなくて
ユーロ残高がスコーンと減ってしまったので
現地で円口座からユーロ口座にチャージしました。
なのでほとんど余りなしです。
円口座には多めに資金をいれといても問題ないわけだから
スマホアプリで必要になったら資金を移動すればよいのです。

あともう1つ神のみぞ知るなのがユーロ円レート。
ノーマルVISAだとレートが不利なタイミングで決済されちゃうことがあるけど
事前に両替できるので
現金両替とおなじでレートのいいときに口座へお金を移せばよいのよね。

キャッシュカードなので現地ATMでユーロを引き出せるよ
じつはあたし、これができると思って
新生銀行の口座を作って外貨預金をしてしまったのでした。
できません。
楽天銀行だろうが、住信SBIだろうが、シティバンクだろうができません。
みずほやら三菱UFJやらとおんなじです。
円口座からVISAの両替を経由してユーロ札を引き出す方式です。
外貨口座の預金がビタ一文減ってなくて、円口座から落ちていました

しかも多くの場合、海外ATM利用手数料が出金のたびにかかります。
新生銀行はかかりません。

そして、都市銀行のキャッシュカードはまとめて面倒みちゃるで~、な
コンビニATMに慣れすぎてしまってすっかり忘れていますが
取引銀行以外の銀行ATMから出金をするときに
そのATMを設置している銀行に手数料をとられますよね。
スペインに日本の銀行のATMなんてないですし
ましてコンビニATMなんかあるわけないので(笑)
スペインの銀行に手数料を持っていかれます。

それやこれやを考えると、クレカのキャッシングがお得だで!
って話しになります。
旅行関係のブログでその説明をしてないブログはないくらい常識です。
ショッピング時の両替手数料はクレカ会社の裁量ですが
借金の金利は日本国憲法で上限が決められているから。
これが年率18パーが上限なんだけど
丸1年キャッシングのお金を借りっぱなしにしたらエレーことになるので
たいがいは帰国したら繰り上げ返済でキレイにしちゃいます。
そーなると、18パーで計算した利息の12分の1で済むわけでして
なんだったら日割りだったりするので一ヵ月分も必要ないかも。
1000ドル調達した利息が数十円/1日当たりだよ! みたいな記事になるわけですね。
なんでもいいけど、フツー日本の旅行代理店に円建てでツアー代払ってるだろうに
それ以外に1000ドルも必要になるってなんなわけ?
お土産だってクレカ決済するだろうし、メシ付きホテルだろうし。
どいつもこいつも現実味のない金額を平気で書いてて笑わす!
そりゃ1000ドルも出金したさいの金額差はインパクトあるに決まってるわ!

それでもソニー銀行VISAデビだと
元金がちみっちゃいので差額もちみっちゃいけど
クレカのキャッシングに負けるのは確かです。
その上、海外ATM利用手数料が1回ごとに出金金額に対して1.76パーかかります。
でもってキャッシュカードなのでスペインの銀行が利用手数料を持っていきます。
ちなみに今年使ったところ
 ■サンタンデールが1回5ユーロ
 ■バンキアが1回3ユーロ
 ■たぶんカイシャだったと思うけど無料
つまり日本の銀行のキャッシュカードが手数料をとる名目が
すべておなじにかかるわけです。
それでもみずほとか三菱UFJとかに比べたらアホみたいに安いですが。
都市銀行よりははるかに安くてもクレカのキャッシングには負ける。

カイシャだったと思うんだけど~ATM手数料は無料だったので
100ユーロ出金して101.76ユーロがユーロ口座から落ちたので計算してみましょうね。
■ソニーVISAデビ
1.76ユーロ x 131円くらいで両替済み = 230.56円くらいの手数料。
■クレカキャッシング
100ユーロ x 2018年3月は133円くらいだったかと x 年利0.18 ÷ 12ヵ月 = 199.5円。
フェスティバル後半で金欠になってキャッシングしたって考えて
帰国後すぐに繰り上げ返済したら一週間の借金ですんだとする。
さらに4分の1して49.875円。
すっげ安いわ(汗)。
ただし小遣い銭の100ユーロとかの話しだと、200円とか50円とかの世界。

海外ATMでの出金に関しては
早めの繰り上げ返済をするかぎりにおいてはクレカのキャッシング最強!
でも、請求あがるまで待ったり
ロッピーに行くとかオンラインで済ませられなのが手間と感じたら
レートのいいときに換金しておけるメリットも含めソニーVISAデビも悪くない。
ま、割り勘で食事したりするフラメンカ的にはあるていどキャッシュ必要なので
クレカキャッシングが最強ですがぁ。

あなたに3,000円、あたしに1,500円
すでに口座を持っている人からの紹介で口座を開くとボーナスがあります。
お互いにとって損はないのでよかったらあたしに連絡してくらさいm(__)m。
ま、口座開設の翌月末までに30万円預金しないとダメなんだけど、ネ。
ヘレフェスに行く人ならそのくらいヘソくっているでしょう。

ちなみに紹介がなくても翌々月までに国内でVISA決済を5回すると
1,000円のボーナスがソニー銀行からもらえるキャンペーンがまだ継続中です。
あたし、へレスに行くギリギリに口座を作ったので〆切りは4月末でした。
帰国してから少額だけどコンビニとかで決済して国内利用回数を稼いだところ
6月20日に1,000円入っていました。
そのお知らせメールでソニー銀行のことを思い出して
友人=仏様たちにメールし、ついでなので記事を書いています。

しかも、通年キャッシュバックがあるので
3円とか10円がちょこまかとついていた(苦笑)。
利用額の0.5パー(最大では2パー)つくとかで
少額決済しかしなかったから小学生の小遣いでもあり得ない額のお小遣いが。
ないよりいいけど、なんかセツナイ、、、。

2018年06月22日 (金) | 編集 |
何年かに一度おっそろしく早くくるときがあるんだよな~。
こーゆーときはヌメロが変更になることがちょいちょいあるし
場合によったらキャリアにひびく大仕事はいちゃって先生がキャンセルになる。
そしてそれを公式サイトのヘッドラインで告知しないし
ましてメール連絡なんかしてきやしない
アンダルはいつになったら完璧な仕事をしてくださるんだろ~?
早い段階でPDFファイルを印刷してクラスを吟味すると
「いざっ!」って申し込みしようとした段になり
「クラスちゃうやんけ~」って焦るパターン。わりとある。

9月3日の申し込みの時点でフェスティバルの半年前なので
なんだったら申込み開始後で、参加者も何人か集まったのに
先生に急遽デカい仕事がはいってキャンセルになる。くらいのこともあり。
それはさすがに申込者へ「どないする?」ってメール連絡がくるみたいだけど
その先生のクラスに申し込んでない人にはメール告知スルーだし
サイトのヘッドラインで告知するわけでもないし
あたしみたいにフェスブもツイッタも使わない人間は
心してクラス変更を気にとめておかないとずっと気づかない
あたしがボケボケしてるのを知っているご友人さまたちが知らせてくれるから
頼りっきり。
そういう仏的ご友人のいない人は自力で用心せねばなるまい。

どーせ変更あるに決まってるけど、、、
ぢぶんの視認性確保のためにクラス割りを転載。

前期 2019年2月23日(土)~3月1日(金)
■午前10:00~12:20、入門のみ10:00~11:50
アルムデナ・セラーノ
入門1
タンゴ

ピラール・オガジャ
初級
ガヒーラ バタconアバニコ

ラ・モネタ
初級
タラント

アントニオ・エル・ピパ
初級
ロンデーニャ

マルコ・フローレ
中級
シギリージャ

ロシオ・コラール
中級
バタのテクニカとスタイル

ラファエラ・カラスコ
プロ
ソレア

■昼13:00~15:20、入門のみ13:00~14:50
ビアトリス・モラーレス
入門2
アレグリアス

アンヘリータ・ゴメス
初級
ブレリア・デ・ヘレ

インマクラダ・アギラール
初級
ソレア

ラファエラ・カラスコ
初級
ティエント

マヌエル・リニャン
中級
タンゴ

ラ・モネタ
中級
サンブラ

アンドレス・ペーニャ
中級
ブレリア

■夕方 16:00~18:20 入門のみ16:00~17:50
ヘマ・モネオ
入門2
ブレリア

アンドレス・ペーニャ
初級
ハレオ・エットレメーニョ

マリア・ホセ・フランコ
初級
カラコレス con アバニコ

ガラ・ビバンコ
初級
ダンサ・エッパニョーラの基礎

オルガ・ペリセ
中級
アレグリアス

マリア・デル・マル・モレノ
中級
ソレア・ポル・ブレリア

ハビエル・ラトーレ
中級
ファルーカ


後期 2019年3月3日(日)~3月9日(土)
■午前10:00~12:20、入門のみ10:00~11:50
イレーネ・カラスコ
入門2
アレグリアス

イサベル・バジョン
初級
カーニャ

アンヘル・ムニョ
初級
ソレア

マヌエラ・カルピオ
初級
アレグリアス

アリシア・マルケス
中級
ティエント

エル・チョロ
中級
タラント

メルセデス・ルイス
中級
シギリージャ

■昼 13:00~15:20 入門のみ13:00~14:50
カルメン・エレッラ
入門1
タンゴ

アンヘリータ・ゴメス
初級
ブレリア・デ・ヘレ

アンヘル・ムニョス
初級
アバンドラオ

メルセデス・ルイス
初級
ロンデーニャ

マヌエル・ベタンソ
中級
カーニャ

レオノール・レアル
中級
ブレリア

コンチャ・ハレーニョ
中級
ガヒーラ con アバニコ

■夕方 16:00~18:20 入門のみ16:00~17:50 ☆は特別クラス
フアン・アントニオ・テヘロ
入門2
ソレア・ポル・ブレリア

M・ホセ・レオン・ソト
初級
ティエント

ホセ・ガラン
16:00~17:15 と 17:30~18:45

マヌエル・ベタンソ
初級
ガロティン(帽子必要)

アナ・モラーレス
中級
ソレア con バタ

ドミンゴ・オルテガ
中級
タンゴ

ハビエル・ラトーレ
プロ
カンティーニャ


2019年3月2日(土)
フェスティバル中日のクルシージョなし日に1日だけの超単発クルシージョ。
■9:00~11:30 & 14:15~16:15
コンチャ・バルガス
レブリーハのブレリア・アロマンサダス
アロマンサダスがググさんでちゃんと訳せない。
アロマ(=香り)を接頭語にした系の単語ですかね?

■12:00~14:00 & 16:30~18:30
エバ・ジェルバブエナ
ーーー
書類の不備なんじゃなくエバさんがなにをやるか決めてないのかと(?)
アイデアガールなのでアイデアありすぎ。
だもんでこんな早い時期に具体的なコトは考えられないってカンジかな?

■10:00 ~13:00(げっ、3時間ブチ抜き?)
マリア・デル・マル・モレーノ
カンテを聞いて踊る実践的なクラスらしいです。
マリアさんらしくあたしアッピール入りの超長いタイトルの講座です(笑)。
平ったくかいつまめば上記のようなコトかと。
お唄大好きなので、たぶんばんばん唄いながら進行するのかと。
たとえカンタールが手配されていてその場にいようとマリアさんが唄う方向で(汗)。

■13:30~15:00
ラウラ・ヴィタル
カンテ、バイレ、トケのいわゆる三位一体フラメンコの講座。
たぶん英語通訳付き。
ヴィダルさんが英語話せるのかな?
カンタオーラさんらしいので、これもムシコと踊りとの絡みの講座になりそうです。

恒例の5日間タジェール。時間も日数も短いので注意!
このクラスィズは他の単発クラスと毛色がちがうけど、、、
それでもいつものごとく劇場のチケット代はインクルードじゃない。クラス代安いし、ネ。
公演を見たかったらタキージャでチケット買ってね。だって。
■前期:2019年2月25日(月)~3月1日(金)
ガラ・ビバンコ
13:00~14:30
カスタニュエラ

ヘロニモ・ウトリージャ
15:00~16:30
パルマ

■後期:2019年3月4日(月)~3月8日(金)
ダビ・エル・ガンバ
13:00~14:30
パルマ(初級)

ダビ・エル・ガンバ
15:00~16:30
パルマ(初中級)


料金とか、とか、とか。

■クラスのレベル
入門1:フラメンコやったことのないズブズブの素人。
入門2:かじったこことはある素人。
初級:最低限のテクニックと、その曲を少なくとも知っているレベル。
中級:↑よりは一歩進んで、その曲を踊る力はありそーな人。
プロ:説明いらん。

■各クラス : 定員25名。
※ただし、ハビエル・ラトーレのプロクラスは20名。
しかも最終日は舞台にあがって発表会(クラスで習ったことをパブリコする)。
希望者のみってことになっているので舞台にあがらない選択もあるけど、、、
初日からフォーメーション付きで振付けをする勢いだと思うので
舞台に立たないつもりなら、このクラスに出るのはちょっと無駄かも。
ま、その人の考え方しだいなので、まったく無駄ってコトもないだろーけど。
その他のプロクラスは粛々と7日間振付をぶち込まれます。

■料金
・入門のみ325ユーロ。それいがいは365ユーロ。
 ここ数年値上げなし\(^o^)/
 前期に2クラス、3クラス、後期に2クラス、3クラス、と複数クラス受ける場合は
 安いほうのクラス代を25パー引き。
 なにせクラス代に劇場公演のチケット代がはいっているので
 2シート専有する力士以外はチケット代が二重取りになっちゃうって理屈かと。
 そーゆー理屈なので
 前期と後期で1クラスづつ、都合2クラスではこのルールに当てはまらないです。

・フェスティバル中日の3月2日にある、1日こっきりマッスルクラス(?)は
 定員25名の115ユーロ。

・カスタネットやらパルマのタジェールクラスは
 定員20名の115ユーロ。

■劇場公演のチケットに関して。
・7日間のメインクルシージョ受ける生徒は、クラス代に公演チケット代が入ってます。
 ただし、7日間ブチ抜きで公演をやると労働組合にでもつるしあげられるのか?
 前期、後期とも6公演しかありません。

・フェスティバル中日の1日クルシージョとカスタネット、パルマのタジェールクラス。
 このクラスのクラス代に劇場公演のチケットは含まれません。
 クラス代お安くしときましたんで~。ってコトかと(?)
 見たい公演はすべからくチケット購入です。

・幕開き公演。
 フェスティバルのクラスは土曜日からだけど、フェスティバルの開始は金曜日。
 そもそもいかなるクラスもないのでチケットは全員自力手配です。

・フェスティバル中日(3月2日)
 1日こっきりの単発クラスはあるけれど、チケット代インクルードじゃないので
 やはり全員自力手配です。

 7日間ブチ抜きのメインクラスを受ける生徒もこの日はクラス自体ないので
 チケットを自力手配になります。
 みんなにチケットを買わせるべくビッグネームの公演になることが恒例になってます。
 そして、7日間クルシージョを前期、後期両方受ける人は50パー割引だそうです。

・最終日
 もちろんビッグネームの公演でにぎにぎしくアディオ・ヘレ!
 これは7日間クルシージョの生徒だけクラス代にチケット代が含まれている。

■バタクラス
バタ初めての素人はダメよ~。と、誰も読んでなさそうな毎度の注意書き。
中級もしくはプロレベルの人だけね~、なんて去年は書いてあったっけ?
ちょっとバタったことがある初級でもNGぽいです。