フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2019年11月07日 (木) | 編集 |
BluetoothイヤホンとBluetoothシャッターと100均雑魚巾着です。
夏服とかポッケのない服のときは
雑魚巾着にタバコとサイフとスマホをほりこんでお出かけしています。
おウチで留守番ちうも雑魚巾着は青歯小物入れとして仕事してます。

肌に水分保持力のない中高年は青歯シャッター必携
スペイン行くとさ、アルティスタと写真を撮ることがわりにある。
でも、おばちゃん歳なんで指かさかさだし、アンダル乾燥してるし
けっこうな確率でシャッター切れないんですよ
と、スペイン人アルティスタ様が「あにモタモタしてんだよ~」って顔します
くらいタッチセンサーが反応しないざんす。
他人から頼まれる写真は最終兵器”指ペロ”でしのぎますが
ぢぶんのスマホは
遠隔シャッターをペアリングしておけば物理ボタンを押せるので必携です。
じつは林檎端末でも
カメラアプリがボリュームボタンをシャッターに設定してるコトが多いので
物理ボタンの押し下げでシャッター切れます。
物理ボタンなのでシャッター切る瞬間に手ブレしたりするけど、ネ。
自撮りだと、片手保持+ボタン押し下げなので絶対手ブレするけどね。

いまさっき思い立ってブランニュースマホにペアリングしました。
で、この大きさなので紛失しやすいから雑魚巾着に収納です。
青歯イヤホンも普段は1コで十分だけど
満充電でもせいぜい3、4時間しか連続使用できないので
飛行機に乗るときのためにもう1コ買い増ししようと思ってます。

これさ~、持ち歩くの不便なんですけど~。
誰かいいアイデアない?
秋冬はポケット付きの服しか買わないし、ジャケット着るし
なにもかもポッケにつっこんで手ブラがデフォです。
スペインでも稽古に通うとき以外は手ブラです。
つまり、出かけるとき
わざわざ雑魚巾着からスマホコンパニオンをポッケに移して
外出からもどったとき失くさないように
わざわざ雑魚巾着にスマホコンパニオンを戻すわけ。
あんがい几帳面なので
そういうことをするのは忘れないからモノを失くさないほうなんだけど
面倒くさいことは面倒くさいと思うんだな。
それとこれとは別問題ってやつ。

ようはスマホといっしょにしておければいいわけ。
どっちにしてもイヤホンにはチェーンを取り付けるフックはないけど
フックがあったとしてもスマホチャームみたいに
短いチェーンでぶら下げたんじゃ使うとき取り外さなくちゃいけないし
なかなかうまい手がない。
2019年10月16日 (水) | 編集 |
夕方に注文したAQUOS sense3 liteってのはこんなツラをした端末です。
      
んね。シルバー以外、フロントのベゼルが黒なんですよ。
黒以外なら何色でもいいっちゃいい、、、ってワケにもいかないか、、、。
シャープは鴻海になちゃったから何色でもいいとか言うと
中華好みの金になりそーだもんな(笑)。
白も、ことスマホの色となると林檎ぶりっこみたいでイヤなんだけど、、、
でも、ま、黒よりはいっか。ってことでフロントのベゼルが白いシルバーを注文した。
ぶっちゃけジャケット着せちゃうので背面カラーなんかなんでもいいのだ。
フロントベゼルの色が重要

この手があったわ~~~!!!
本体の背面カラーに合わせて白、黒、カッパーの3色しかないけど
なにも本体カラーに合わせることないもんね~。
シルバーにカッパーの液晶プロテクタをはめて2トーンカラーにしちゃおっかな。
しかも2.5D画面とか呼ぶんだと思うけど
画面ガラスがモコって盛り上がっているのにがっちりハマる構造のお高級品
液晶プロテクタとしてはちょっとお高めの1,000円少々だけど
↑これ的な、液晶画面よりほんの少し小さいガラスを乗っけるだけの
なんだったら四隅がちょいと浮いて空気がはいるから
フチが白濁する的なよくある純正品なんてしれっと1,300円で売ってましたからね。
このガラスフィルムは700円とかそこら。
純正アクセサリーのほぼ半額。
そして透明度とか、指紋汚れ対策とかはこの700円のサプライ品のほーが上だと思う。

とはいえ
せっかくおジャストな sense3 lite専用2.5D画面対応のプロテクタがあるので
パキンと嵌まる素敵なおリッチプロテクタを買おうと思います。

2018年12月22日 (土) | 編集 |
 「パソコンが遅くなった」、と母。原因はマウスボタンがヘタって反応が悪くなっていたのでした 当たり処が悪いらしく一度クリックしただけじゃ反応がないので、二度三度とクリックしてなんか反応あるってカンジ。決してパソコンが遅くなったわけではない オタクじゃない世間一般ってこんなもんなんだろーなー(汗)。世話のやける、、、。
 あたしも廊下に落としてマウスのなかで部品がカラカラ音をたてて遊んでいる状態だけど、母のマウスも買い換えるハメになりました。
 ってわけで一昨日注文して本日到着。必要なのはマウスだけだったんだけど、キーボードとセットでもこのお値段なのでまとめてリプレースとあいなりました。送料が540円かかっているんだけど、それでも合算して2,000円なので安い安い。

ゲーマーでもなけりゃ、事務員でもないので
マウスのクリック感とか、キーボードのタイプ感とか
どーでもいいです。
どーでもいいと言いつつ
サプライ品の老舗メーカーなので
特別すんばらしい品質ではないけど
あたりハズレの激しい”ちゅか”製とは一線を画した品質です。
つまり、まったく問題なし。
ふつーにブラインドタッチできる。
むしろあたしの”ちゅか”製英語配列キーボードのほうが
押し足りないときがあるみたいで、ちょいちょい取りこぼしあるくらい

買い替えを考えている人におすすめします~。
タブレットとかの入力用に買っている人が多いようです。
テンキーない分コンパクトだし
全力プラだから軽いし(=携帯時の負担小)
ドングル1コでマウスもキーボードも接続できるから
 USBポートの数の少ないモバイル端末にはあってる。

ところでUSB。
母のパソコンはUMPCでいいのかな?
リビングPC的、超小型の箱型なのでUSBポートが3つしかない。
コレです
マウス、キーボード、プリンタ、スピーカー。
この時点でUSB接続の周辺機器が4ケ。
PC持っている人誰しもが最低この4ケは接続しますわな。
つぅわけで、同時にUSBハブも買っている。
その写真も上記のページにある。

このハブが腐ってた、、、
マウスしか反応しないんだもん。
ドングル1ケでマウスとキーボード両方を接続するって
それなりにアクロバティックな技術らしく(ってほどでもないっぽいが)
検索するとでるわでるわ、接続不良の情報が。
ロジのサイトからユーティリティを落としてきて
ペアリング的なことをやり直すと接続できるぽかった。
、、、ま、金輪際接続できなかったんですけど

ぢぶん用の”ちゅか”くそマウスに引き続きまたハズレをひいたのか!!
と涙に暮れたわけですが
どうもUSB3.0ハブなのがダメ臭い
マウス、キーボード、プリンタ、スピーカーあたりを接続するのに
3.0のスピードはいらないんだけど
USBメモリからデータを移動することがたま~にあるし
Vmac mini V1の背面のUSBポートは3つともハイスピードな3.0対応だし
ハブをUSB2.0にする積極的な理由はないから
わざわざまだちょっと値のはる3.0が4口のハブを買った。
たぶんそれがマズかったんじゃないかな~。

USB HUB部屋に新品状態のこいつが転がっていた。買ったはいいが、USB2.0なので3.0を買い直してうっちゃっていたわけです。で、このふざけた柄のUSBハブを持って母の部屋へ。あっさり認識。ちなみにハブ越しがマズいのかと、Vmac mini V1の背面のUSBポートに直挿ししてもキーボードだけ認識しませんでした。ハブを2.0に変えてハブに挿したらどっちもさっくり繋がった。意味わから~ん。
 そして見るからにケーブル短いけど、実際問題ものすごく短くて、妙な角度で立たせ気味なカッコで固まっているので(汗)、もうちとケーブルの長いハブに買いかえます。

と、ゆーわけで
ロジクールMK245 Nanoを接続したい人は、USB2.0に挿しましょう。
PCなりタブレットなりに3.0の口しかない場合は2.0ハブをかまして。

2018年09月14日 (金) | 編集 |
■ネコえさと一緒にちうもんしたブツ。
とりあえずこれがあれば、自前のイヤホンなりヘッドフォンを使える。
航空会社が用意してくれる耳の付根がいたくなるヘッドフォンとはさよなら。
メガネとかマスクを常用しないせいか?
耳にひっかけるものは付根が痛くなるざんす。

■んで、こんなのがあれば尚よし。
    
Bluetoothトランスミッターさんです。
どー見てもオーディオジャックなピンを
今回買った航空機オーディオジャック変換アダプタに差します。
と、ブルートゥースでペアリングした機器に音声を飛ばしてくれます。
つまりブルートゥース送信機。
ちなみに受信機はレシーバー。
なんでこんなのをわざわざ追加購入する気でいるかとゆーと、、、
航空機のシートは狭いから。
食事のときヘッドフォンのケーブルが邪魔。
ちょっと菓子でも取ろうとシート下にねじこんだバッグに手を入れるにも
ケーブルがいいかんじに腕とか体に絡まる。
気持ちとともにケーブルをブチ切りたくなることがちょいちょいある

ちゅうわけで邪魔なのがイヤなので
たとえ3センチでもケーブルがプランとしたタイプはイヤ。
3.5mmオーディオピンに本体が直付けされたタイプがよろしい。

でも、世の中うまくいかない。
直付けタイプは、ちょっと前の製品に多くてbluetoothのバージョンが低い。
今年のクリスマスプレゼントにもしたbluetoothイヤフォンコレは
4.1。案外古くはないです。
現在は5.0までいってる模様。
ただ、スマホの対応がまだなんでなまじ最新を買ってしまうと宝の持ち腐れ。
4.1は普及帯ってカンジで、今時ではベストな規格です。
数百円とか激安なのは3.0と思っておけばよしです。

で、bluetooth4.0の直付けタイプのトランスミッターがあっとしてですよ
気をつけてスペック表を見ないと
レシーバー(受信機)のみってのが結構な割合で混入しています。
ふつーは、そっちの需要が多くて送信はあんま需要がないからだと思います。
あたしだって飛行機に乗りさえしなければ必要ないです。
bluetoothレシーバー
稽古場のスピーカーに挿せばブルートゥースで音声ファイルを受信できます。
いつもはケーブルでスピーカーに繋いでいるでしょ。
あれが無線になる。
すぐ手の届くところにスマホなりICレコーダーなりを転がしておきぃの
巻き戻しだの、早送りだの、一時停止だのしてデカ音をスピーカーから出せる。
カーステのAXU(外部入力)に挿せばブルートゥースで音声を受信する。
アイポンに貯蔵しているお気に入りのミュージックをカーステで鳴らすとか
運転中に電話が着信したときにハンズフリーで通話できるマイク付きのもある。
ね、こっちのが需要あるでしょ。
ふつーこっちだけでいいでしょ。
bluetoothトランスミッター
bluetoothヘッドフォンやイヤフォンに音声を飛ばす。
しょっちゅう飛行機に乗らないでこれ使うのは、、、
深夜に映画を大音響で見たいけど
テレビが大画面すぎて1メートル程度のケーブルのヘッドフォンじゃ無理な人(笑)。
ね、こっちのが需要ないでしょ。
ふつーこっちはいらんでしょ。

つつがなくトランスミット機能もあるbluetooth4.0のドングルを見つけたとします。
今度は音声コーデック
無線用のは縁がなかったんで知らなかったんだけど
ま、わりとフツーにわかる範囲。
ガラケの頃のFOMA回線で重~い動画付きのメールを送られると
動画がかっつんかっつん止まってまともに見られなかった。
おなじことが無線で飛ばす音声データでも起こる。
今は豪邸のシアタールームの大画面テレビのことは忘れて
4畳半だし、テレビは23インチだし、なのに
ヘッドフォンつけて音声をテレビから無線で飛ばしていると想像してみましょう。
音声に遅延が発生して、見ている画面と微妙にあわなくなるのだね。
なので飛行機のシートで映画を見るのが主眼のあたしとしては
aptXLLとゆー音声コーデックを搭載した機器が望ましい。
圧縮率たっけ! てコトです。
送信機側にエンコード、受信機側にデコード能力が必要になる。

と、あれこれやの理由から
直付けタイプのトランスミッターにこれとゆーのがない。
タンポンタイプのケーブルぴろ~んドングルしかないみたい。
ってコトに行き着くまでに”ちゅか通販サイト”をしらみつぶしに3つ見た。
アマゾンとそう変わらないから
「bluetooth transmitter」で検索できるんだけど
BTのバージョンや、対応コーデックなんかのスペックは目チェック

■骨伝導ヘッドフォン
BTイヤフォン持ってるけど、、、これも決して快適ってわけじゃない。
長時間つけたことはないけど、やっぱ耳痛くなんじゃね? とか思ったりした。
モトローラの端末だったかな? 母のガラケが骨伝導だった気がした。
これがなかなかよかった。
耳を塞がないから環境音がこっちには聞こえるけど
まわりにぢぶんが聞いている音は聞こえない。
ただ、今時のオサレなヘッドフォンみたいに折畳めるタイプがないとみた。
折畳めてもヘッドフォンはハウジングつぅの? 耳当てがかさばるから
骨伝導ヘッドフォンの軽量小型化はなかなか捨てがたいものがある。

■bluetoothイヤフォン(もしくはbluetooth headset)
去年のクリスマス会のプレゼント交換用に買ったBTヘッドセットをぢぶんにも買った。
ので持っている。
超プラスチッキーで、安物全開のやつ。
イヤホンといえど無線なので充電せねばなりません。
あたしのはスマホの充電みたいにケーブルを挿して充電するタイプです。
今時だと、こんな充電器もかねたオッサレ~なケース付きがスタンダード。
もっと小型の指輪ケースみたいな女子っぽいのもあります。

でさ、思うんだけど
こーゆーちょっと大きめのケースはさ
紛失防止のためにあるていどの大きさにしてるんだろうけど
ちゅか人民ともあろーものが
なぜにこれにBTトランスミッターを合体させようとしなかったんだ?
ちゅか人民つったらお腹一杯、満漢全席、ゴデゴデ好きだろーがよ。

こーゆーくだらないことは相変わらず仕事はやい。


おまけ。あまりに有名な、NY元市長ジュリアーニのやっちまってる画像。
アップルかたなしにすること山のごとし。
頬に”しめじ”が刺さってますよ。

あ~、今日もお腹いっぱいネットしたわ
ブログ記事にすると調べたこと忘れないので、メモでした。

2018年05月02日 (水) | 編集 |
■あたしのBluboo S1をはじめ3辺ベゼルレスは下に大き目のベゼルがある。
ベゼルあるや~ん もしかりだし
パネルの表示領域がベゼルぎりぎりまでじゃないから黒帯もある。
でも、このくらいは別にいい。
そりゃ追い込んでくれるにこしたことはないけど頑張ってると思うからいい。
下のベゼルは
指紋認証兼ホームボタンとか、インカメレンズを仕込むのに必要。

■Essential phone PH-1の解。
ノッチの一種。
ディスプレイがカメラレンズ部分だけをよけている構造。

■iPhoneテンの解。
M字禿とか言われるやつ。
あたし的には”つるべ”ディスプレイ。
ジョブスが生きてたら製品化前に金魚鉢にポチャンされたと思われる。
でも死んじゃったし、ネ。
そして、”ちゅかホ”が続々コピーしまくら。
とうのアップルが次は「つるべデザインなし」って早々と言ってるのに。
なんで真似するかね~(呆)。

■でるかでないかわからないXperia xz3の解。
出たとしてもモデル名がxz3になるかもわからない企画段階の品。
これ、次はこんな端末にしましょ
って企画段階のCGでございます。
本来は社外秘の資料なんですけどわりとリークします。
たぶんわざとです。
そういうリークとかも購入者の関心をかきたてるので
お楽しみネタ くらいのノリでわざとリークさせてるのかと?
それがあまりに多すぎるので
どれが実際に製品化されるのかわかりません(汗)。
ソニーあたりだと、企画段階のCGからあまりにかけ離れた製品は作らないので
”ちゅか”とちがって画像はアテにしてだいじょーぶ。
あとは作るか作らないかだけの問題。
4辺ベゼルレス~
素敵~
インカメレンズを仕込む場所がないのでこんな構造になるやもしれぬ?
なレンダー資料。
大昔にDOOVってメーカーがV1って変態カメラ端末を出してます。
2014年“山根博士的”世界変態スマホNo.1の『Doov V1』レビュー
あまりに記事が古すぎて発売がいつだったのかわからないけど
2014年の11月かそこらだったらしい。
背面に倒して収納しされてるカメラをよっこらっしょって起こす構造。
当時でも変態とは思わなかったなぁ。
レンズがデカすぎるんで不格好だから
「変態」のレッテルがフィットしまくってるけど
この勢いでセンサーもデカいのを積んでいたら画質よくなるだけだもんな。

■Nokia 9。
どこにカメラ仕込むんだろ~? ってカンジ。
んでやっぱり上部のベゼルはこのくらいの幅になりそーです。
ってのもなにもかもがレンダー資料(笑)。
たんなる話題づくりのリークの可能性もあるシロモノ。
それが技術的にか? 売価的にか? 部品調達的にか?、、、etc
製品化を断念するにしろ
フィンランド人が作っていたNokiaならソニー同様にリーク画像は信用できるんだけど
、、、”ちゅか”に買収されてるからな~、、、。
しかも買収したとたん大風呂敷ぶちあげてたからな~、、、。
で、”ちゅか”だしな~、、、。
ウソつく気はないんだろし、夢見るのはいいとして
できもしないコトを公言しちゃうから”ちゅか”はややこしいんだよ(笑)。
とか思ってあんま期待してなかった。
のわりには記事書いてるけど(苦笑)。
http://pukachan.blog94.fc2.com/blog-entry-2082.html
ところがどっこい、やってくださった。
人民さんごめんなさいm(__)m。
これ発売済みで、購入者にも続々実機が届いている中のNokia 8です。
順調に5,6、7、8とモデルを出してきているのでただただ感心。
ギャラクシー的なエッジスクリーンですな。
ん???
エッジスクリーンなんかい!!
たしかNokia 8もリーク画像の段階ではもっとしゅっとしたスクエアだったハズ。
デザイナーはラウンド形状が陳腐に思えてきてスクエアに回帰してるのに
製品チームが「エッジスクリーンかっけぇ」って
サムソンのパネルをぶっこんだぽい
どこの国でも技術者はまぢセンスない。

■ラウンド形状は好きくない。スクエアなのだして!
パネルの表示をフチぎりぎりまでにしてくれたらそれでいいです。
アクオスクリスタルみたいに
左右天地に側面の部品がディスプレイをとり囲んでいていいです。
ラウンドなんか今やどこの国の機械でも作れるので
そろそろスクエアも攻めてほしー。

■Doogeeの解。
博打すぎる”ちゅかホ”。
わかりにくいんだけどスライド式のスマホです。
キーボード付きのブラックベリーみたいに二層の構造で
上にあるディスプレイをズルっと下にスライドすると
インカメレンズと通話用のスピーカーがニーハオって出てくる。
Doogeeはガンガン端末を乱発しているメーカーなので
部品調達も組み立てもとくに不安はないんですよ。
ファームに焼かれてるマルウェアつか、ブロートウェアつかが、、、ねぇ、、、。
日本の端末だって”ひつじ”とか
シャープがぶっこんできた”ぐぐNowまるかぶり機能”とか
消せないブロートウェアがどっかり乗っているし
泥端末使う時点で”ぐぐミュージック”だの”ぐぐビデオ”だの
”ぐぐブロート”がてんこ盛りだからあるていどは諦めつくんだけど、、、
中国に通信内容だだ漏れはヤかな~

ともあれ、年内に4辺ベゼルレスが続々でてきそう。
4辺ベゼルレスで天地左右エッジスクリーンはちょっと考えにくいから
四隅のラウンド形状はなくなりそうでうれしい