フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2015年02月18日 (水) | 編集 |
出発は今夜10時ころの予定。
そのころには雨あがってるっぽい?
でも、寒そうだぁ~。
とりあえず、まだ買うものがあったので出かけてくる(涙)。

あれ~???
モノレール便利になってるかも?
たしか去年だか一昨年だか羽田から行ったとき
深夜便があるのにモノレールがそんな早く終わるわけないと思っていて
時刻表を調べずに出かけたら
「終電ですよ~」
って駅員が大声でアナウンスしていて、走らされた記憶がある。
オリンピックに向けてあちこちやる気スイッチはいってる?
よいことです
ただ、対外向けじゃなく、もっと前からがんばれなかったんかい? と。

昨日、稽古からもどってから夜っぴいて荷造りしました。
たぶん忘れ物ないだろうし
ふつーの町に行くのでなんでも買えるかと、かと、かと。
いっつも服を多くもっていっちゃうので、荷物を減らしたつもりだし
詰めたカンジではたしかにいつもよりスカスカなんだけど
それでも重いなぁ~。
やっぱTシャツが多いから仕方ないのかな?
綿ってけっこう重量あるとみた!

2015年01月23日 (金) | 編集 |
両替手数料をいれても140円をきるレートになったので
チャリを飛ばして大黒屋に行ってきた。
ちなみに138.63円@1ユーロ。
そして、チャリを飛ばしたんじゃなくチャリごと飛ばされた(汗)。
風、強い、強い。
じつのところ飛ばされはしなかったけど、進めなかった、、、。
立ち漕ぎしても進めなかた、、、。

今回の滞在は例年より長めだし
例年でも300ユーロじゃ足りなくて後半にキャッシングしてるんだけど
なんだかまだユーロがずり落ちそうな気配がなきにしもあらずなので
ちょっと様子をみることにした。
ま、1円くらい円安になっても100ユーロで100円余分にいるだけだし。

しかしさぁ、大金を現金で持つのヤだねぇ~
バルでカフェオレ@1.5ユーロが異様に多いし
食事つっても6ユーロくらいで済ませちゃうし
スーパーでこれまた5ユーロ付近の買い物したり
どーしても5~10ユーロの範囲で生活しちゃうんでカード使いにくい
あたしの使い方は細すぎるんだろうなぁ、と思うけど
ヘレスに行く人は誰しも現金をかなり持って行きます。

「キャッシュパスポート」なる、プリペ・クレカがある。
普通のクレカと違うのは
最初にチャージしておいて、その残高の範囲で使えるカードってこと。
チャージする時点でユーロならユーロに両替してチャージできる。
現地のATMで両替手数料なしでユーロがおろせる。
なぜなら日本でユーロに両替してしてチャージした時点で
両替手数料を払っているから。
両替手数料がVISAの両替手数料よりちょっとだけ有利。
現地ATMでVISAカードを使ってキャッシングするよりややお得ってわけです。
しかも今がユーロ安の底なら、このあと上がるわけで
(可能性はあんまなさそうだけど?)
ユーロ安のうちに両替しておいたほうがぐっとお得となるわけですね。
500ユーロとか現金で持ちたくないなぁと思ったので
こいつを買おうかと思った。

ただ、ATM利用手数料のことがどこにも書かれてない。
書かれてないんだったら手数料無料なのかなぁ~? と思ったけど
新宿まで行ったので、大黒屋に行くまえに店頭で聞いてきた。
「通貨とそのATMの種類によるんですけど、だいたいこのくらいかかります」
と言って表を見せてくれた。
ユーロの場合、1回1.7ユーロくらい。
「だいたいこのくらいということでATMによって多少違います」
って言われた。
ややこしいし、把握しきれないから
ATM手数料のことをどこにも書いてなかったのだね

やめた。現金にする。
ATMから現金を引き出す場合
100ユーロを一気に引き出したら、100ユーロ札が出てくる可能性が高い。
そのATMに100ユーロ札がなかったら若干細かいので来る。
去年のヘレス最終日
細かいユーロ札を使いきってしまって20ユーロ札しかなかったから
20ユーロ札を使ってバルで飲み物を買おうとした。
「おつりができるまで待って」
って、おつり銭が集まるまで待たされた。ビバ・ヘレ!
さすがにレストランだったらもうちょっとレジに現金はいってたろうけど、、、。
なので、今年は20ユーロ札を持っていかないことにした。
20ユーロ札くらいならチケット買うとか、レストランで飯るとか
使える場面がなくもないけど
滞在後半になってから札を崩すために
一生懸命優先して使わなくちゃいけなくなるから、案外めんどうくさい。
まして、100ユーロ札なんて、、、。
あたしの使い方じゃ
まちがいなくお釣りに50ユーロ札やら20ユーロ札がはいっちゃうだろうし
またそれを崩すお仕事の繰り返し

てのがわかりきっている場合
ATMで引き出す時点で小額をちまちまおろすってコトになる。
そのたびに1.7ユーロだか、2ユーロだかが残高から減る。
そして、海外のATMとて小銭は引き出せないので
絶対1ユーロ以下の端数がのこる。
つか、たしか10ユーロ以下なんか下ろせなかったハズなんで
めちゃくちゃ運が悪いと、引き出せない9.99ユーロが残る
もっとも
1.7ユーロだか、2ユーロだか手数料を持っていかれる時点で
ちまちま小額を引き出すってのは選択肢的に消えるわけです。
ならこのカードを持つ意味ない。
気合入れて大金を持っとけ! ってコトになる。

いちよ、その線でいく。
でも大金持ち歩くのヤダ~~。
こんな年にかぎってバッグひったくられたりして~
3月になったらもっとユーロ安が進むとお祈りして
VISAのキャッシングが安全かもしれない~。

2015年01月12日 (月) | 編集 |
予約といってもキャンセル不可の最安値なのでがっつり確定、、、。
キャンセルしたきゃすりゃぁいいけど全額いただきやす! ってやつ。
あ゛、、、全館禁煙ぽい、、、
ま、いいや。
マドリでも全館禁煙ってことになってるのに吸えたし
ヘレスでも屋内禁煙→外行って吸え、なバルでも灰皿出してくれるところあるし
なんとかなるだろ。

ヘレスの定宿にはかなわないけど、そう変わらない値段で探せた。
ってことは、、、ええ、激安です!
ヘレスよりなにもかもちょっと高いハズなので
そのことを考慮すると恐ろしくなるほど安いです(汗)。
バックパッカー御用達の雑魚寝部屋には負けるけど
設備とかに文句言っちゃいけないレベルの安宿です。
なにせ1つ星(大汗)。
ちなみに、いちよシングルの個室でバスルーム付です。
ヘレスでくっそ狭いシングルルームに二週間滞在しても一向に平気なので
たぶんあたしダイジョブ。
激しく後悔したとしても一週間なんてすぐだし、ネ。

まぁ~ったくセビージャの土地鑑がないとは言わないものの
フェス・ヘレの中日に4~5時間買い物して行って帰ってくるだけなので
旧市街のメインストリートと
路面電車が走っているカテドラルのある大通りしかわかんない。
今回はレッスンを受けてこようと思っているんだけど
じつは、各スタジオがどの辺にあるのかまったくわかってない
とりあえず、旧市街のトリアーナに渡りやすいあたりで決めた。
ちぃとは歩いて歩いてコースになるかもしれないが、一週間だし。
なんかレンタサイクルあるし
路面電車の路線に鬼近だし
これもなんとかなるかと、あくまで前向きに。押忍っ

なんかやたら口コミのよい安宿だったのですよ。
値段なりだろうから建物古いし
おそらく隙間風はいるだろうし、、、
窓が錆びてて開かない、、、とか、、、
お湯が途中で止まる、、、とか、、、
いろいろ不安要素はあるものの
あんまそーゆーの気にしないので~。
それよりも、フロントの人がホスピタリティもりもりらしい
3日以上の連泊をした人たちが
場所サイコー、値段サイコー、フロントの兄さんサイコー。
と、万国共通、老若男女、口をそろえておなじポジティプ意見を書いている。
これって大事。
ネガティブ意見は
廊下も石むき出しらしくて、足音がノイジーだって。
隣室の音も聞こえるって。
ベッドがちと小さいと、巨人国(=北欧)の何人かが書いてます。
、、、そーゆーホテルに毎年二週間滞在してるんですが、、、。
もっとも、ラグ敷いているから廊下の足音は気にならない。
でも、隣室からの鼻歌とかサパテアドの練習音は聞こえるがね
つぅ~わけで、ネガティブ意見があたしにはネガティブ度が弱々(笑)。

そろそろ予約やんなきゃなぁ、と思っていたので気楽になった。
あんまのんびりしすぎると安い部屋が埋まっていっちゃうから、さ。
予約した激安シングルルームも最期の1室だった。

セビージャはねぇ
フェリア・デ・アブリル(=春祭り)の時期がハイシーズンなんで
それにかぶらなければそんなに宿の確保は大変じゃないんだと思う。
なにせ宿多いからぁ~。
それにしたって立地と値段で折りあえる宿を確保するにはギリだったのかも。

2014年11月16日 (日) | 編集 |
あたしの記憶では
公演のスケジュールが発表になるのは12月ころなので
今年もちょっとだけソッコーだった、ってコトでいーかと思うんだけど
このところビジャマルタ劇場の仕事はやいので
これが定常になってゆくのだろう。
、、、って、油断させる作戦?
作戦だったとして、誰得?

ちなみに金曜日に着弾していました。
こんな表紙なんかもついてるぅ~。
いい仕事してるぅ~。
この写真は、マルエル・リニャンさん。
おお~っと、公式サイトのヘッダ画像もリニャンさんの画像になっとるのぉ。
つぅことは、来年のフェスティバルの旗はこの画像でいくのかな?
ヘレスのフェスティバルなのに公式イメージがリニャンさんて、、、
つか、リニャンさんて出身どこ?
2015フェスヘレ公演スケジュール表紙

久しぶりにマヌエラ・カラスコを見られるぅ~
でも、ここ数年ファミリア・ファルーコの公演がないんだけど、来年もない
やっだん。見たいのにぃ。
ビエナルがあったからファルキートが新しいプログラム持ってるのにぃ。

ビエナルといえば、、、
昨日、知り合いの発表会があり、打ち上げで話したとき
今年のビエナルに行った人とも話せた。
「チケット高いから、公演見倒すと大変じゃない?」って聞いたら
やっぱり40ユーロくらいがザラだったそう。
それじゃ地元の人見られないねぇって思ったわけだけど
案の定、外国人ばかりだったんだって。
しかもかな~り日本人が多かったって。
日本人、貢献してるなぁ。
ただ、フラメンコのためにはいんだか? 悪いんだか?
なかなか難しいところだよなぁ。

でも、よくよく見たら、フェス・ヘレのチケットも37ユーロってのがいくつかある。
マヌエラ・カラスコとかイスラエル・ガルバン、、、etc
ま、そーだろなってアルティストたち限定ではあるんだけど
それでもやっぱり高いかなぁ。
日本で公演すると平気で10,000円越えの値段つけてくるから
それに較べれば激安なんだけど、、、なんか、ねぇ。
それでも気軽に見られる小劇場の公演やら
小ぃハコ(バルとかペーニャとか)の公演あるし
やっぱ、たくさん公演が集まるフェスティバルはいいね

来年こそ、公演のトコのライブハウスにはがんばっていただきたくない!(笑)
あの店、テンション上がらないんだよぉ、よぉ、よぉ。

2014年11月07日 (金) | 編集 |
大韓航空はe-ticketの取り出し方が特殊だったり
グループ会社のくせにAFとKLMでフライト検索の使い心地に大差あったり
小さい航空会社のわりにイベリアがウェブサイトの作りがよくて
なんの不安もなくぢぶんのチケットを管理できたり、、、
航空会社によっていろいろクセあるね~。

カタール航空のチケットでハマりちゅう
フツー、e-ticketが来たらそれで終わりなんだけど、、、
なんか昨日、追加でメールきてた。
いかにも航空会社向けの
チェックイン用パッケージシステムからの自動応答メール的なやつが。
こーゆー特殊なのってそんなに何種類もないだろうし
フツー隠蔽すると思うんだけど、中東はおおらかやのぉ(汗)。
そーなんですよぉ。
レンタルサーバーかなんかで運用しているウェブサイトで
リンクをミスるとかして存在しないアドレスを指定すると
サーバーからの生のエラーメッセージを吐くウェブサイトがありますけど
※「404 not found」とかよく見るよなぁ。
あれ、あんまよくない。
どのサーバーソフトウェアを使っているかバレるし
使っているサーバーソフトウェアのバージョンもバレてしまう。
システムなんて人間の書くものだから、どーしたってバグが存在するんだけど
すでにそのソフトウェアのそのバージョンのバグが発見されている場合だと
悪いことしようとしてる人が、わざわざ粗探しをしなくても
すでに誰かが公開してくれちゃってたりするので
攻撃ポイントがサクっとバレてしまうのですよ。
なので、重要なシステムは何を使っているか隠蔽するのが常識。
、、、もしかして航空会社用のチェックインシステムはそもそも寡占状態なのかな?
だったらバレるもなにもないやね~。

ともあれ、こっちのメールにブエリング航空の予約コードも記載されてた。
さっそくログイン!
う~ん、やっぱり10Kgまでの手荷物しか持ち込めないチケットぽいんだけど、、、。
んで

If you have any extra cases to add, please do so in the “Add Cases” section

なんて書いてあるから、”Add Cases”ってリンクをクリックして
追加荷物の申請、決済をしておこうと思ったの。
もしムダになっても13ユーロなんで、保険と思えば安い安い。
だが

It is not possible to manage your booking through the website.
If you wish,
you can contact our Customer Services to find out the options available to you.

とかエラーメッセージのお出迎え。
この場合、素直にブエリングのカスタマーサービスに連絡するより
カタール航空で買ったチケットなんだからカタール航空に連絡したほーが妥当っぽい。
基本的に予約内容の変更がいっさいできないので
やっぱりカタールから来たe-ticketの30Kgまでオーライを信じていいのかな?
とか思いはじめている。

そして、パスポート情報を記入してないのがどーしても気になったんで
落ち着いて見てみたんだけど
どー見てもオンラインチェックインのセクションで記入するしかなさそう。
でもオンラインチェックインって
搭乗の36時間前にならないと操作できないんだけど、、、
渡航前のクソ忙しいときにやんのかよっっ
例年のごとく洗濯フィーバーしてる最中じゃね
日本語サイトのトランスファーが間に合ってないだけかと予想して
イングランド版のほーでもログインしてみたけど、変わらん、、、。
やっだん、んもうっ。
持っていく荷物は直前まで使ってる稽古着なりフリースだから
毎度毎度洗濯が怒涛なのにぃぃぃ(涙)。

使いにくし、不安材料を払拭しにくいし
カタール航空は、機内サービスは一級品みたいだけど
予約システムは幼いなぁ。
できることはやったんで、あとは運を天にまかせるか