フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2014年02月22日 (土) | 編集 |
メルカドに行ってきた。
魚屋のおにーちゃん。すっげ包丁なんですけど。


いちごを初めて買ってみた。
1キロで1.2ユーロと激安なんだけど
つかいちごをキロ単位で買うことなんてもう一生ないけど
ちなみに買ったのはあたしじゃないけど(え?)
納得の実のデキ具合=味のバラつき具合で
いろんな意味で生涯最後だな、と。
買ったのあたしじゃないけど。


朝市です。


んで、アルフォンソ・ロサさん。

2014年02月10日 (月) | 編集 |
色んな通信会社のSIMの説明を読んでいるうちに
だんだんとスペインのプリペイドSIMの契約プランのクセがわかってきた

あたしみにたいに二週間ちょっとスペインに滞在し
現地に(通話なりSMSなり)連絡をとる知り合いがいて
パケット通信はeメールのみ。ほぼインターネットしない
乗り継ぎ空港でも
航空会社からの搭乗時間やらゲート変更に関するeメールなりSMSを受信したい。
ってな人は
Vodafoneの国際プリペSIM
がいいです。

あたしはSIMフリースマホを持っているのでSIMだけの契約でオーライだけど
 SIMフリーじゃないdocomo端末持ちの人は
   ドコモショップへ端末と3,150円を持って行ってSIMロックを解除してもらう。
 docomo以外の人は
   SIMと一緒に買いきり方式の激安端末があるハズなので
   現地のボダショップで端末ごと契約する。



このSIMは、5ユーロプリチャージ付きです。

【スペイン国内通話】
チャージから7日間は、24時間何分話してもゼロ円。
スペイン国内の通信キャリア相手なら、どこが通話先でも同様。
ただし、初乗り料金的なやつが18.15センチモ/1通話。
チャージしてから7日間経過すると
7.26センチモ/分。
おそらくこれに初乗り料金的なやつが18.15センチモ/1通話。

日本の端末をローミングで使っている人への通話は国際電話になるので
30.25センチモ/分+(おそらく)18.15センチモ/1通話。

【スペイン国内でのSMS】
18.15センチモで、24時間投げ放題、投げられ放題。

【スペイン国内でのパケット通信】
4.84ユーロで150MBまで使える定額制。

【国外通話】
1.21センチモ(ユーロじゃないよ、センチモだよ)/分
 +
初乗り料金的なやつが30.25センチモ/1通話

【国外SMS】
72.6センチモ/24時間、投げ放題、投げられ放題。



宿のWiFiなり、町中でバルなんかが解放している無料WiFiなりを使い
パケット通信はメールだけって人は(=あたし)
プリチャージの5ユーロから、4.84ユーロ/150MBのパケ通信用プランを買う。
つか、*313*22#に電話してチャージする。

ただ、それだとSMSの定額とか、通話の初乗り料金的なヤツなど
激安だけどちみちみ料金を持っていくモノが途中で使えなくなる可能性があるから
まず初日に5ユーロ追加チャージして*313#に電話。
【SMS放題に】18.15センチモ * 7日間 = 127.05センチモ
【通話に】18.15センチモ * 20通話 = 363センチモ
で、だいたい5ユーロなので、7日間のやりくりは激楽勝

てなわけで、ボダフォンショップで契約するとき
ショップの人に
 Bono Internet Móvil 150 MB(150MBの定額パケ通信)チャージ
 通話、SMS用のユーロチャージ
の2つはお願いしちゃいましょう。
まず
「ヌエバ・タリファ・ボダフォン・インタナショナル、ポルファボール」
で、どのプランのSIMを買いたいのかはっきりさせる。
※ちなみにボダ・エッパーニャのプリペイドSIMのプランは3種類です。
「ボノ・インタネット・モビル、ポルファボール」
これで、プリチャージの5ユーロから4.84ユーロを支払い
150MB通信できる定額プランの開通までをやってくれると思います。
「イ~っっ、ポル、アブラ y エセ・エメ・エセ、プルファボール(と5ユーロ札を振る)」
で、通話とSMS用のチャージをやってくれると思います。
少なくともあたしはこれで行く!
こんなことのためにgoogle翻訳使ってスペイン語をメモして行こうとか思わない。
なまじスペイン語が少しでもわかる気配を出すと、きっと厄介なコトに、、、(苦笑)。

つか書いてて思った。
たぶんSIMを契約した時点で、プリチャージの5ユーロは
通話とSMSの使用料として割り当てようとすると思った。
なので、5ユーロ札を振って
「イ~っっ、ボノ・インタネット・モビル、ポルファボール」
で、チャージと開通をやってくれるんだと思う。

なんで考え方が、おそらくボダショップの店員の反対になるかっつぅと
通話+SMSのお得プランが7日間区切りなので
そっちを追加チャージしなくちゃいけないから。
プリチャージをパケット通信に充てて、以降思考からは切り離し
通話+SMSを都度契約的に考えたくなってしまう。
そのほーが、流れ的にすっきりすんだもん。

とにかく、初日の契約で5ユーロ追加するのはガチ。
通話やSMSを使いすぎて、5ユーロを使いきりそうになったら
残高切れになるまえに郵便局なり、カルフールなりで5ユーロ追加チャージ。
これ、ギリギリにやらないほーがいいです。
去年もボダSIMを使ったけど、支払ってから反映されるまでに時間かかります。
あまり電話機を使わなくて5ユーロが余りまくっても
6日目くらいに5ユーロを追加チャージ。
なぜなら、このタイミングでやらないと
7日間有効の【お得プラン】の適用が外れてしまうから。
これをやると、7日間の【お得プラン】で
【SMS放題に】18.15センチモ * 7日間 = 127.05センチモ
【通話に】18.15センチモ * 20通話 = 363センチモ
ってやつが復活します。

日本的にゆーところの契約事務手数料3.150円的なやつが
ボダ・エッパーニャにあるのかないのかいまいちわからない。
あったとしたらSIM発行手数料的な名称なのかな?
あったにしても日本みたいに3,000円も取らないと思います。
せいぜい10ユーロ(140円換算で、1400円)くらいかと。
あたしSIMカードを持っているので、念のためそれを提示してみます。
有効期限が切れてなきゃ、余分な出費なしでチャージだけすればいいハズ。

使い方にもよるけど、二週間ちょっとの滞在なら
プリチャージ5ユーロ+5ユーロ追加チャージ x 2回で合計15ユーロ。
もし初回のSIM発行手数料があっても、おそらく10ユーロ。
合計25ユーロ、3600円弱くらいで出国中の通信+通話+メール送受信はオーライ。
トランジット先の空港で、帰国便に関する航空会社からの連絡も受取れます。

冷静に読むと、スペイン滞在14日目以降は【お得プラン】から外れます。
でも、あたしも含め大方の人が2回目のチャージ5ユーロは大幅に余ると思うので
【お得じゃないプラン】で従量課金されてもしのげるハズ。
心配なら13日目に5ユーロ追加チャージだね。

2014年02月10日 (月) | 編集 |
オランダのオペレーター(=通信キャリア)で、orangeってのがある。
あたしが始めてヘレスに行ったときからスペインでもメジャーでした。
今日はorange SIMの紹介。

※しっかし、去年からsim card spainのDMマメだねぇ。
もすかすて、ここってわりかし新しいのかな?
去年あたりからようやく日常ルーチンワークに収まりがついて
余力をカスタマーへのDMに注げるようになったカンジ?
ウェブサイトの出来も、決済も、決済手順もとてもスマートなので
ぜんぜんそんな感じはしなかったです。

orange mundo
初期チャージ9ユーロが含まれているSIMが15.95ユーロ。
ちなみに現在プロモーション中なので
ホントは5ユーロのプリチャージSIMが15.95ユーロなんだけど
ボーナスの4ユーロが追加されて、9ユーロチャージ済みSIMが15.95ユーロ
もちろん英語版のほうのページにリンクしました。
ちゅうても、通信関係の文章は英語が読めても意味不明だと思うので
おそらくそーゆーことだろーという解説をば。
間違っていても苦情は受付ません(きっぱり)。

【パケット通信】
24時間10MBまでなら、0.36ユーロ。
24時間以内に使いきっちゃたら、追加で0.36ユーロチャージで更に10MB。
「激低速になり、イライラ爆発するけど無制限」
ってなユーロSIMにありがちな形態じゃないみたい。
たぶん、10MBを使いきったら、追加チャージしないとパケット使えない。
あたしはeメールを拾うくらいの用途なので
0.36 x 19日 = 6.84ユーロ(税込み)
マップを見たり、ウェブをがんがんする人は一日10MBじゃ足りません。

【通話】
セットアップとして0.18ユーロ支払えば、7日間は、国内通話なら
スペイン内でサービスしているどのキャリアにかけてもかけ放題。
セットアップってのがわかりにくい。
原文はコレ
Unlimited calls to any national operator for 0 € / min
With Mundo you talk at 0 € / min for 7 days,
with each of the refills you make, regardless of amount,
no fees, no minimum consumption limit minutes
with just a call setup of 0.18 € VAT included
Without recharging, the price will be 8 cts. / Min VAT.
with a cost of call setup of 0.30 € VAT.

下二行のほうから読み解くとなんとなくわかったっぽい。
再チャージしないと通話1分ごとに
 8センチモ/分
 プラス、タクシーや電車の初乗り料金的なヤツが30センチモ
従量制でもっていかれる、と。
感覚的にわかりやすいです。
んで、この従量制よりお得なプランを組みましたってことなんだろーから
そこから推測すると
 7日間は
 初乗り料金的なヤツが1通話18センチモで
 分ごとの従量課金なしのかけ放題。
つまりはそーゆーコトかと。
んで、通話相手はmovistarでもvodafoneでもyoigoでもllamayaでも、、、etc
スペイン国内でサービスしている通信キャリア相手ならオーライ。
日本から持ち込んだ携帯なりスマホなりをローミングで使用している人への通話は
とーぜんのことながら国際電話なので、36センチモ/分。
おそらくこれに初乗り料金的なヤツの18センチモもとられます。

【SMS】
0.09ユーロ/1通。かな???



あたしの使い方だと、まずパケット通信を開通する必要があるので
どっかの番号に電話をかけて(いい加減だなぁ(苦笑))
0.36ユーロ/24時間(10MB分)をチャージする。
#●●●●とか、シャープ付きで4桁の番号を押すとチャージ画面に行くはず。
その番号がこのSIMの紹介ページには書いてないので
ほかのorange SIMのページを見て、あとで調べればよいのです。

チャージした日から7日間、お得な契約での通話が開始される、と。
たぶんそゆコトかと。

あたしの場合は19日間滞在するので
19日間の通信費をいっぺんにチャージしちゃうとまずいハズ。
初日から7日間経過してチャージしないと、お得じゃない通話プランになってしまう。
といって、毎日4桁の番号を打ってチャージするのも面倒臭いので
ざっくり3ユーロ(=300センチモ)を
SIMカードにプリチャージされている9ユーロからチャージする。
7日間経過する直前に、更に3ユーロを再チャージ。
さらに7日間経過する直前に(ちょっと余るけど)2ユーロ再チャージ。
こうやれば、滞在期間中は
 お得なプランで通話
 メール放題
というカンジで使えるハズ。

パケット通信用に3+3+2で8ユーロ。
毎日通話はしないと思うけど、SMSは使うと思うので
0.18ユーロ x 19日で3.42ユーロ。

ありゃ~。
両方で約12ユーロだから、プリチャージの9ユーロを飛び出るなぁ。
郵便局かカルフールでSIMに5ユーロチャージする必要あるかぁ。
てなわけで、合計15.95+5で、約21ユーロ(143円換算で3003円)。

SMSの課金がこのSIM用の特別料金じゃないなら
フツーのorange SIMの料金が0.09ユーロ。
SIMに5ユーロ再チャージして使うつもりだから2ユーロ余裕がある計算になる。
200センチモ / 9センチモ = 約22ってコトで、22通分のSMSを使える、と。

ま、なかなかよい。
ただし、スペイン国外で使えるような記述がないから
スペイン国内用。
新発売のvodafoneのプリペイドSIMのほうがあたし向きかなぁ。

2014年02月03日 (月) | 編集 |
やっとこやりました。
グランビア通りで決めました。
グランビア通りに面した宿を予約しました。
写真をみるかぎり、すんごい賑やかなところにあります。
寝るときやかましいそーです(苦笑)。
超疲れていると思うので、問題なく寝れちゃう気がします。

バルもレストランも沢山ありそう。
、、、ま、行くの日曜日なんでお休み多そうな気もするケド。
そーゆーののチェックも兼ねて去年とは違う地区に宿をとってみた。
ちなみに今年行くグランビアのほうがメジャーっす(汗)。

3つ☆のわりにはそんなに高くないんだけど
※朝食もつけたわりに、ホント、超リーズナブル。
それでもあたしの御予算はさておき
同行者の社会的立場を考えての3つ☆なので
強制ツインルームです(笑)
一部屋づつとるとあたしの御予算を圧迫するんだも~ん。

ただ、客室の写真見たカンジだと
ベッドは二台には違いないけど、もれなくくっついてる
あいだにサイドテーブル的なものが挟まってない
部屋が狭いんだろ~な~。
テーブルとイスがあるビジネスホテルチックな部屋なので
それほど激狭ではないと思うんだけど
それなりに狭いんだと思います。

念のため
「わたしたちは女性二人だけど、恋人じゃありません」
って備考欄に書いておいた。
いやね、マドリって同性愛に寛容らしく
同性愛者用の宿とか少なからずあるんですよ(汗)。
写真見て、内装がハイパーだなぁと思ってよくみると
同性愛者カモン! な宿だったりする。

とりあえず、これで手配は全部済んだハズ。
済んだハズだよなぁ、もうないよな、ないない、、、
きっともうない、、、

2014年01月31日 (金) | 編集 |
メール仕事をしてひと段落したので
renfeから来ているチケットに目を通してみた。
あ、あで?
ツリスタになってる
ツリスタ(=2等車)のチケットはソールドアウトしていて
プレフェレンテ(=1等車)のチケットしか買えなかったから
食事いらないけど1等車でいいや! って買ったのに、、、
帰りの列車は、朝ご飯食べる気満々で買ったのに、、、

なんだかな~。
ま、飛行機よりははるかに安いからいいや。
イベリア航空値上げしすぎっっ!
こんな値段にするかぎり絶対乗らない!

以前は、国内飛行も鉄道もあまり金額が変らなかったそう。
あたしはそのころはイベリア航空一択だったからちゃんとは知らないんだけど。
たしかにイベリア航空のほうがはやくヘレスに入れるんだけど
いかんせん飛行機なので時間が微妙で使いにくかったし
空港から市内までだって決して近いとは言えないから時間を消費するし
乗り継ぎのためにバラハス空港でも時間を潰す必要があるから
乗り継ぎありの特急列車と較べるなら
1時間ていど早くホテルにチェックインできるだけ。
それでも今の半額なら
スペイン広いので移動時間短縮のために乗ってもいいレベル。
鉄道の倍以上じゃなんのアドバンテージもない。
経営者しっかりしろよ!
ますます乗客減ってじり貧だぞ! と、言いたい。

居住空間ゆったりな快適の鉄道の旅ブラボー。