フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2013年06月07日 (金) | 編集 |

カンタオーラ、マエットロ、ギタリスタ

今年、ラトーレ先生のクラスの唄い手さんとギタリストがニューフェイスになってました。
あたしがヘレスに行きはじめたのは2007年からだけど
ずっとおなじ人たちでした。
発表会付きの上のクラスのショーを見に行ったらいつもの二人だったので
いつものお二人さんは別のクラスにとられちゃったのかも。

たぶん、このお二人もパレハかと???
サライ・ガルシアさんの踊りを見たかったので25:00からのショーに行ったら
二人揃って出演してました。
だからってパレハとは限らないんだろーけど
たぶん夫婦だか、恋人同士だか。

けっこう受けたクラスのギタリストとか唄い手の顔は覚えているんだけど
なぜか? バジョン先生のクラスのギタリストの顔を憶えられない
でも、ね、わりと細身で長身な色男の確立高いんですよ
バジョン先生も面喰いとみた(笑)。
そーゆークラスはテンション上がるわぁ。
。。。で、も、ギタリストの顔を憶えられなひ。。。

2013年05月25日 (土) | 編集 |
まぁ、林檎は影響力あります。
去年あたりはminiじゃないほーのiPadを持っている人がけっこういた。
ヘレスでもトーキョーでも、クルシージョを受けると
板をかざして動画を記録している人がぐっと増えた。
ヨーロピアンのみなさんもけっこう金持ちですわ。
フラメンコなんかやっている人は多少経済力に余裕のある人
ってコトで、国籍関係ないんだね。

ちなみに、先端ガジェ好きとおぼしきマエットロ・ラトーレは
電話機能なしiPhoneことiPodTouchがメインストリームのころ
iPhoneだかiPodTouchだかを持っていたけど
今年はギャラクシーになってました。
たぶん、ギャラS4。
なぜならそれが一番新しいから。
あいかわらず手持ち端末をスピーカーにつないでポップス流して体操。
フラメンコポップスですらないです。
フツーにU2とかクイーンとかポリス。
イギリス好きなんですかね。
端末変わってもハードチューンする曲に変更なし的、な。
DoorsとかR・E・Mもリコメンドしておきたい。
アメリカも捨てたもんじゃないよ。
去年、すごい確立でプツっん、プツっんって鳴って笑いとってたんで
iPnoneヘタったとみた(笑)。

今年はデジ一眼をもっていた人が増えていた。
デジ一のほーが光量の足りないスタジオの撮影に向いてるからねぇ。
しかもいまどきのデジ一ときたら、29分あたりまではHD動画撮れるし。
あいかわらずiPhone持ちがやたら多いんだけど
板かざして動画をとっていたような、ガジェに金使う人たちは
デジ一に流れたっぽい。
そーゆーあたしもミラーレス(なんちゃって)デジイチでした。

しかし、ガタイのデカい欧米人は
女子でも「うおりゃっ」とクソデカいデジ一。
彼女たち、ミラーレスなんて軟弱なものは持つ気ないんです、きっと。
つか、コンパクト+軽量なことにあまり意義見出してない。
どーりで海外市場で日の丸日本の製品が苦戦してるわけだよ(?)

マドリに寄ったときは、まぢカメラ女子が増殖してたんで驚いた。
み~んな、デカ~いデジ一を首からぶら下げてた。
マドリ治安悪いから
そんな高価なものを首さげて歩いちゃいけないって注意されたのにぃ。
でも、あれでぶん殴られたら。。。と思ったら襲う気喪失するなぁ。
やっぱアレかね。
ウェブで旅行記とか公開するからかね。
あたしがカメラ買い換えた理由もそのあたりだし、納得。
でも、見かけおっさん化がヤバいくらいすすんでる。。。
元々女子っぽくないんだから、スタイルにこだわらないと~~(笑)。
あたしは武器としてのガチデジ一が必要
2013年05月22日 (水) | 編集 |
あたしの持っている中華スマホってこれ。
ONN-V8.jpg耳にあてがって通話するときのビジュアル的ムリさ加減がギリギリセーフと思われる限界(?)の5インチ画面の巨大スマホ。しかもこんな大画面なのに解像度が800x480だったりするのでアイコンも文字もデカいです。この画面サイズで1080x1920なんてなフルHD端末があったりするので、さすが中華の劣化バッタ端末ってカンジで、見かけだけ立派でスペックがショボいわけです。そしてそれ相応に格安なのです。ま、安くなかったら存在理由ないけど。
ただ、スペックが強けりゃいいってもんじゃない。
ヘレスにきていたフラメンカちゃんもほとんどスマホ持ちだったけど
あたしのスマホより画面サイズちいさいのに、解像度は大きかった。
つか、ぶっちゃけiPhone4だか、4Sだった。
つまり、3.5インチ画面に960x640ピクセル。
あたしのスマホを覗きこんで「見やすい」って言った人がけっこういた。
なんせ文字もアイコンもデカいから(苦笑)。
ま、iPhoneは文字が表示潰れしないように工夫してるケド。
レティーナディスプレイってやつですな。
パソコンモニタくらい大画面になってくると解像度ってけっこう利いてくるけど
スマホごときの小ぃ画面じゃ
解像度の低さからくる動画や写真の表示の汚さなんて分かりゃしない。
。。。ん~??? ちょっと分かるかなてへへ。

こいつを持って、郵便局にSIMの再チャージに行った。
対応してくれた窓口の人は、30代くらいの女子だった。
前にも書いたけど、「いつから電話を使える?」とか
ま、いろいろ聞いたわけですよ。
その女子がPC端末を操作した直後にボダ・エッパーニャからSMSが飛んできた。
「チャージされたんでサービスが有効になったらSMSで知らせるね」的なやつ。
機械翻訳なしにその場でもなんとなく読めた上
まだ使えなさそうな気がしたので
スマホの画面を見せてSMSのメッセージを読んでもらってから
「アオラ、バレ?」って耳にあてて通話ができるか聞いたわけ。
案の定「ノ」だった。
たぶん、「まだだよ。すぐには使えないの」くらいのことは言っていたカンジ。
だいたいあたし、細けぇことは気にせず、siかnoかしか聞いてない(笑)。

で、その女子がちょっと貸して的に手を差し出したので渡したら
「サムソン?」って聞いてきた。
「ノ。ライク・ア・ギャラクシー」。
ギャラクシーnoteのバッタモンだよ、なんてスペイン語知ってるわきゃない。
ハテナな顔してるので
「made in チノ」と言った。
「ああ~! あはははは」だって(笑)。
通りかかった同僚に「中国のバッタスマホ見たことある? コレだよ」
とかなんとか言ってるんだろうけど、すんごい嬉しそうに見せてた。
同僚の男子もめずらしそうにためすつがめつしてた。
楽しんでいただけでよかったです。

乳幼児の粉ミルクに有害物質をまぜて嵩をふやすお国柄製なので
大丈夫そうとはあるていど見当つけて買ったスマホだけど
それなりにドブ金するリスクは犯しているんで、ね。
「妙なモンもってるねぇ~」的なリアクションが一番嬉しい
2013年04月05日 (金) | 編集 |
マリア・デル・マル・モレーノ先生のクラスには南ア出身の女の子が2人いた。
1人は喫煙者だったので
休憩時間にタバコを吸いながらちょいちょいおしゃべりした。
ケープタウンの出身だそーだ。

10代から20代はじめの頃の知り合いに
70年安保で活動してたみたいなカウンターカルチャーおじさんがいて
「ネルソン・マンデラ来日歓迎ライブ」に噛んでいました。
アパルトヘイト(=人種隔離政策)が撤廃されたのって1991年だったんだね。
ちゃんとした年代はいま調べたんだけど
たかだが20年くらい前のことのハズってのは、だいたいわかってた。

「サウス・アフリカではフラメンコはポピュラーなの?」
って聞いたら、それほどでもないって言ってた。
のわりには2人ともかなり基礎もしっかりしてた。
フラメンコの良い教師がいるって証拠です。
アパルトヘイト撤廃から20年で黒人の女の子が習い事。
しかも、アンダルシアはヘレスまで遊学。
たぶん彼女たちの親は成功した黒人にちがいないわけですが
隔世のかんがありました。
わずか一世代ですからね。

もともと南アって裕福な国ではあるんだよね。
金だのダイヤだの、レアメタルだのの産出国なので。
このへんはシドニィ・シェルダンの小説で知ってた。
原油もちょっとくらいは出るのかな?
「クルーガーランド・ゴールド、ダイアモンド、ヨハネス・ブルク、ケープタウン、喜望峰。。。」
喜望峰だけ英語名を知らなかった。
あなたの国のこと知ってるよ~ってカンジで列挙しました。
「日本のこと知ってる?」
って聞いたら肩をすくめてました。。。
彼女が無知すぎるのか? 教育がいまいちなのか?
日本人としてはビミョーな結果に。。。
2013年04月05日 (金) | 編集 |
■スペインに飛ぶ前に、SIMを輸入して日本で受け取りました。
開通作業をやってから発送してくれるので
SIMフリー端末をスペインに持っていけば、現地でSIMを刺して即開通。
spain sim

これは30日間有効なSIMでした。
一週間くらい前から3月8日までにチャージしろってSMSが
ボダ・エッパーニャから散発的に届いていました。
ちなみにあたしの帰国は11日。しかもマドリお一人様旅。
9日朝にヘレスを発ってしまいます。
最後の2日間くらい電話なくてもいいや! と思って
チャージしないつもりでいました。

ところが
レンフェの駅までタクシーを乗り合いしてくれる友達をゲチュったので
9日の朝に電話が使えない状態だと相手を不安にしてしまいます。
なにせ宿ちがうので
友達がタクシーを拾って
あたしの宿泊しているホテルで拾ってくれる手筈になっていました。

タクシー@スペイン
空港や駅のタクシー乗り場から乗ると
おそらく5ユーロ前後のサービス料的なのをもっていかれます。
ホテルやピソに「迎車」を呼びつけてもおなじです。

スペインのタクシーは、見た目は小さくてもスーツケースを2つ積めます。
だから二人で乗って、料金を折半するのが断然お得!
スーツケースがない場合だと4人までなら乗れたな。
1人は助手席になってしまうが。
日本のタクシーって
海外旅行用のスーツケース2つを積めないって知ってた?
あたしはつい最近知りました。
泣く泣くスーツケースを後部座席に押し込んで小さくなって乗込みました。
スペインのタクシーは
ヘレスでもセビージャでもマドリでもトランク大きかったです。
海外旅行用のバカデカいスーツケース2つを積めます。
さすが観光国です。

てなわけでリカルガ((Recarga)=再チャージ
3月8日にあわてて郵便局で再チャージしました。
「クアンド・テレフォノ・バレ?」
とか、またテキトーなスペイン語で聞いてみました。
これで通じちゃうからな~。スペイン語が上達しないワケだよ(苦笑)。
「SMSが届くから待て」とか言われる。
「ウナ・オラ? ドス・オラス?」たたみかけて聞いてみる。
「もっと」

そかぁ。もっと時間かかるのか。
もっと、もっと、もぉ~っと。でした。
いまSMSの履歴を見ているんだけど、こんなのが来る。

Tu saldo aumento en 5.00 euros el 08/03/2012 a 19:29.
Si tu recarga tiene ventajas asociadas, te confirmaremos por SMS cuando podras disfrutarlas.

郵便局に飛び込んだのが18:00頃で、けっこう待たされたから
このSMSは、チャージした時点でソッコで飛んできたやつかと。
チャージ金額を受け取りはしたけど
「サービスを利用可能になったらSMSで知らせるよ~ん」
的なことが書かれているように思われます。

タクシーを乗り合いする友達とはユル~く約束していたので
8日の夜、劇場で公演が終わってから電番を交換した。
たぶん23:30頃だと思う。
じっさい、その場でSMSを投げてもらったけど着信しなかった。
サービスが有効になってなかったんだと思う。

遅い夕飯を食べに行ったり、ペーニャに行ったりして寝た。
9日朝になって、友達が「今向かってる」SMSを投げてくれた。
寝てるあいだに有効になってた。
半日くらいかかると思って、残高切れギリギリじゃなく
1日前くらいにリカルガしておけば空白なくなると思いました。
ちなみに、SMSだと発着信の時間がわからないんだけど
3月9日付けでボダ・エッパーニャから
「サービスが有効になったよん」ってSMSが来てた。
19:30とかにリカルガしちゃったんで事務処理が翌日になったぽい。

オンライン・リカルガ
ちーちゃんことチハルちゃんのをやってみました。
彼女は、知り合いの携帯端末をSIMごと借りて来ていました。
現地に着いてまずチャージしました。

いつごろだったっけなぁ???
忘れちゃったけど、残高がなくなった上、夜だったので
「あたしのネットブックでオンライン・リカルガしてみよう!」
ってコトになりました。
movistarの契約でした。
まぁ、わかりにくい作りのウェブサイトだこと。
フロントに降りていってホテルのお兄ちゃんに助けてもらいました。
※この日の夜勤がじいさんでなくてよかった

オンライン決済は、クレカオンリーです。
ちーちゃんのカードはVISAでした。
VISAに限らないんだけど、クレカ各社には
「オンラインショッピング・プロテクション」的な
セキュリティ措置があるんですよ。
※スペインでは、日本人は事実上VISAしか使えません。
オンラインで決済をしようとすると、クレカ会社のセキュリティ画面に繋がって
そこで「パスワード」を入力すると先に進める仕組み。
実店舗でカード決済するときに打ち込む4桁のPINコードとは別物。

これはあらかじめ
VISAなら「VPASS」サイトで設定しておかなければなりません。

ショッピング・プロテクション
各クレカ会社ごとに名称はちがうかもしれないけど
日本で発行したクレカを海外で使う場合は
事前に設定しておくと面倒もないし
文字通り、何かのときはプロテクトしてくれます。

レンフェの切符をオンラインで購入したい場合は
この「ショッピングプロテクション」を設定してるか、してないか
ってのが問題になってきます。
どーも、movistarのオンライン・リカルガも必要。
なにかの時に決済に使えないとか面倒なので
スペインに行く人は、事前にやっておきましょう。