フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2018年11月17日 (土) | 編集 |
ま、そんなにアクセスのあるウェブサイトじゃないんだけど、、、
作業中にアクセスされると具合が悪いので深夜にやりました。
ついでに大分まえから
独自ドメインで運用している人は無料でSSLが使えるようになっていたので
有効にした。

.htaccessの書き方がそこらのブログに書かれているので
参考にして http へのアクセスを https にリダイレクトする記述をしてアップロード。
CMSを捨ててまるまる作り直したのでサイトの構成も変わってしまったから
sitemap.xml も新規に書いてアップロード。
Googleサーチコンソールにて
 ・新しいサイトマップを読み込ませる
 ・https で始まる www ありなしそれぞれのURLの追加
をやった。
ひととおり設定して終わった\(^o^)/ と思ったら、、、
ロリポップが標準で提供しているサブドメインがあった
それも https にリダイレクトする記述を .htaccess に書くの忘れてた。
つつがなくロリポ提供のサブドメインでも、sなしhttpへのアクセスでも
すべからく https://www なURLにリダイレクトできていることを確認して終了。

しかし、、、新しいUIのGoogleサーチコンソールよろしくねぇなぁ。

xmlは構文の規格が厳格なので
構文エラーを乱発してなかなかロードさせられなかったんだけど
※↑あたしには緻密さというものはないのか?
UIを旧バージョンのGoogleサーチコンソールに変更したら
アップロードするまえに
内容を「テスト」という名のチェックしてくれるボタンがあるやん。
「何行目がおかしいよ」とか親切に構文エラーを教えてくれるので助かった。
きっと新UIのGoogleサーチコンソールからも使えるんだろうけど、、、
どこにあるのかわから~ん

しかも、旧UIのサーチコンソールだと
登録してあるURLをリストで表示してくれるページがあって
そこにロリポ提供のサブドメインもリストされててサムネイルがおかしかったので
「あ゛、、、そんなものがあっただに。
しかも、独自ドメインを取得するまえにリンクしてくれているサイトがあるから
そのドメインでもわずかながらアクセスある可能性あるじゃん
って気づけた。
新UIのサーチコンソールは
モバイルアクセスを意識してるんだかなんだかしらないけど
ググスマホのググメールアプリがアカウントを選択して受信トレイを見るみたいに
URLをアカウントってとらえると
バーガーアイコンでアカウントを選択してからあれこれなUIになってる。
全体を俯瞰してチェックするってのが非常にやりにくい
ロリポ提供のサブドメインのことなんか忘れていたので
たまたま旧UIに変更して作業していたので助かった

グーグルなんだかなぁ、、、。

しかし、あたしもあたしだ。
時間かかりすぎ。
ぢぶん期限を二週間以上も超過してしもた
しかも、知らないことだらけでふりまわされまくったので
肝心のサイトのデキがいまいち
地図も微妙にまちがってるしなぁ。
ま、いいや。
面倒くさい作業はやってしまったので、とりあえず稼働させておき
落ち着いて作り直しをしよっと

2018年11月17日 (土) | 編集 |
フラメンコとフィギュアスケートじゃぜんぜんジャンル違うけど
「一発勝負の舞台を踏む」って意味でわりと参考になったりする。
コーチだか、アシスタントだか、わからないけれど
演技まえにおしゃべりしている内容が無駄話しのわけはないとして
それでも、まぁ、おしゃべりにはちがいない。
羽生くんとか真央ちゃんは
段取り的に必要な連絡事項でも
「それ今じゃなくていいよね?」なタイミングでのおしゃべりはないかな~?
そんな濃いファンじゃないのであくまで印象。
高橋大輔なんかはリラックスしたほうがいいタイプなのかな?
なんだかそんな印象があります。
試合でまくりで見る回数多いハズなのに
宇野くんに関してなんも印象がないのはさもありなんってカンジ?(笑)
ぎりぎりまでオンラインゲームしててシルバーコレクターだったらすごすぎ!

試合まえのバックステージもけっこう見せてくれるんで
なにげに見入っています。

あたしもキンキンに集中したほうがいいタイプなんだと思う。
でも、なかなか羽生くんみたいにはいかない。
待機時間が長いとね~。
つい誰かとしゃべってしまいます。
この凡人っぷりにがっくりですわ

アスリートじゃないけど、一発勝負師のはしくれではあるんで
いいカンジに集中しているのと、いいカンジにリラックスできてるのは
見てるとなんとなくわかる。
ジャンプするまえに成否はなんとな~くわかる。
ハイジャンプとか棒高跳びとかも助走の時点であんがいわかる。
「あ~」と思うと、着氷があまりクリアじゃなかったりする。
ただし、あんま分かる気がないせいもあり
ループだのサルコウだの、飛んだ後に解説されてもわからないし
飛ぶ瞬間に解説してたりするのを聞いて
「ほぉ~、大したもんだ」とか思っている。

今日の羽生くんの1発目のジャンプは
飛ぶ前のリラックス具合がよかったわ。
体が柔らかかった。
それがテクニック的に楽だったからなのか?
羽生くん自身の集中がうまかったからなのか?
そーゆーのがさっぱりわからない
で、そのままの調子でいくのかと思いきや
途中の演技で不安要素があったわけでもなかったのに
4回転+3回転のときやっぱ固くなってた。
あんな才能ある人でもそーなるんだなぁ。
って、なんだか感慨深かった。

2018年11月16日 (金) | 編集 |
妹ちゃんが電気ひざ掛けを買ってくれた
ぢぶん用に買おうと思って調べたら10,000円くらいするんだけど
柄だの色合いだのしのごの言わなければ
5,000円くらいでガサっとあるから
柄だの色合いだのはしのごの言わないで2つ買うことにして
姉の分も買っちゃることにしてくれたんだって
あたし、最近膝が痛かったりするし、、、(加齢涙)。
寒いのがこたへるから泣ける

ところで、楽天でもそー値段が変わらないモノだと
なるべく楽天で買うようにしてくれるので
けっこうポイントに貢献してくれてます
ブーツだの、ジャケットだの
へレス行きの前に防寒具を新調することが多いんだけど
10,000ポイントくらいにはなっているので、いつもただゲッツしてます

そして今回
どっちの電気ひざ掛けにも「楽天ラッキーシール」がついてきた
ネコ飯とかそこそこ値が張るし
座椅子だの、家電だの、それこそ服、靴だの、、、etc
安モノばかり、しょーもないガジェばかり、買うわけじゃないのに
ラッキーシールがないことが多い

じつは、アマゾンでもアマゾンポイント的なのがついたことない。
まったくついたことがないし
アマゾンをあんま使わないし
正確な名称すらわからんちゅう、、、
母からの頼まれモノを買うことが多いんで、さほど妙なモノは買わないんだけどな~。
いっつも
「ポイントがつく商品の基準ってなんなんだろ~???」って思ってた。
楽天のラッキーシールもわりと近いものがある(笑)。

それが今回2つも来た
おなじようなモノを2つ買ったんだけど店舗がちがうので
二ヵ所から来たもんで。
む~、、、(T^T)
ラッキーシールに対応してる店舗と商品の基準がわからん、、、。

2018年11月14日 (水) | 編集 |
生徒を踊らせるときは、ぢぶんの練習どころじゃないんで
基本的に練習不足になるからあんまり踊りたくないんだけど、、、
今回は、頼みの綱のイソちゃんが踊れないかもしれないので
ラストを〆る役回りがまわってくる気配です
頼む! どうにか都合つけて踊っておくれよ。

それだけならまだしも、母からソロンゴをリクエストされた
発表会で生徒たちに踊らせたソロンゴです。
練習は非常に順調で、あたし的にもひそかにデキが楽しみだったんですが
いざ唄と合わせてみたらなんとなく息があわなくて、、、
「ズレちゃいけない」って萎縮してしまったらしく?
いいところが沢山ある踊り手たちだったのに、あんまりよさはでてなかったかも~。
フラメンコの唄って人によって粘り方がちがうからね~。
生音であわせるのって案外難しいんだよね~。

あたしでもまだ慣れない部分はあるけど
それにしたって生徒よりはちっとはマシ。
まして唄ってくれるのは慣れた福田さんだし。
なんだかんだで1回か2回合わせればいけるかと思います。
2日じゃなく、その日に2回やるって意味ね。
で・も、レトラつぅか、メロディーつぅか
節にあわせたメロディー的なピエがコトコト入る系の踊りは
うかうか踊っていたら合いません。
音合わせまでにぢぶんで決めた着地点まで踊りを鍛えておく必要があります。

インマ先生は、初級クラスってコトもあってすごくゆっくり踊らせてくれたので
くださった音源もすごくゆっくりです。
でも、その音源の唄よりあたりまえだけどCDの唄のほうが好き。
CDとクルシージョでもらった練習用音源を交互にかけならがやっているんだけど
CDクソはぇぇ
あわせたりますともっっ
あわせることでぢぶんの踊りのコンパスがしっかりしてくれば
唄う人も唄いやすくなるはずなんで
そこは気合でガーっといったたりますともっ

唄やギターを聞かないで、ぢぶん勝手に踊るのはもちろんもっての他なんだけど
あんまり唄やギターに寄っかかって踊るとミュージシャンが演奏しにくいんですよ。
いまいる生徒たちには先の先の話しだし
どういうことか実感としてわかるかどうかもちと怪しいカンジですが
そのうちそういう課題にぶつかるんだな
と、記憶の片隅にでもとどめておいてくださいませ。

2018年11月10日 (土) | 編集 |
FALSEとして評価される値を返す可能性もあります。
strpos仕様書
ってちゃんと書いてあった、、、

ええ、まだメールフォームスクリプトにかかずらっていたのですよ
しかも火曜から strpos() の罠にハマって今さっき解決。
もう、ぢぶんの間抜けっぷりに涙もでない。

「お名前が短すぎるように思います」だの
※蓮舫さん的な中国系の方はカタカナで入力し直していただく所存
「メッセージのタイプ中に誤って送信してしまいましたか?」だの
エラーメッセージを表示しつつ
記入済みのフォーム内容は維持したまま再入力をうながしたいんで
ロードしたフォームhtmlから<form>の書かれた行を検索するコードを書いて
<form>行を吐き出す直前に保持しているエラーメッセージを吐くコードを書いた。
大したパケ節約にはならないなりにインデントを減らして書いていたので
<form>の前にタブも空白もない状態です。
strpos( $line, "<form")の返値はゼロ桁目に"<form"を発見したよ!
になるわけですね
FALSEとして評価される値を返す可能性もあります。
にハマったわけですね
基本的に正しく動作しているのに
エラーメッセージを追記するところだけスクリプトが動かなくて禿た。
しかも気づくのに3日かかってる。
禿げる~。

仕様書にそういう動作にハマりそうなときは ===演算子 を使えとも書いてある。
それで解決するんだけど、、、
if( strpos( $line, "<form") === TRUE){ エラーメッセージ追記処理;}
って書くより
if( strpos( $line, "<form")){ エラーメッセージ追記処理;}
って書いたほうが短くて済むので
html の <form action="***.php" method="post">行のまえに1コだけスペース入れた
誰がフロントエンドを書くかわからないお仕事サイトの場合は
キチンと ===演算子 で書くのがお作法。
でも、小規模な個人サイトなので html のほうで按配します

便秘が解消したような爽快感