フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2018年09月22日 (土) | 編集 |
ウチの母がね、縦長好きなんですよ。
A4縦を2つ折りした時期もあるんだけど、最近はめっきりA4横の3つ折り。
背景画像は
アンダルシア現代美術館として使われているカルトゥーハ修道院だそーです。
セビージャにあるんだって。
セビージャは見所多すぎて、ここはマイナーなんであんま紹介されてない。
所蔵品もウェブで見れたけど、なんか食指動かないわ~(笑)。
どうりでマイナーなわけです(笑)。
でも、この外装のアートは好み
セビージャのセントロからそう遠くないので
知ってたら自分で写真を撮りに行ってましたわ。
ライセンスフリーの画像素材サイトで見つけて「ここどこよ?」って調べた(笑)。

■ボツにしたプログラム。
    
左が曲順やら出演者やらプログラム本体。
右が表紙と裏表紙と折り返しになる部分。
こいつらをリャン面印刷します。

あ、あで(汗)。
1ブロック余った、、、(大汗)。
裏表紙にあたるブロックは「奥付」だけにして
裏表紙の「奥付」の上方に配置した楽隊名だの製作者のライナーを
空っぽな折り返しになるブロックに移動させようとか考えた。
背景画像ががっつりあるので
テキストが少ないとスッキリしてキレイ。

ただ~、プログラム本体が、、、。
思いのほか文字が詰まってしまったので、ごちゃごちゃしている。
楽隊名やら製作者名やらを移動して配置した折り返しになるブロックが
なまじスッキリしてキレイなもんだから
プログラム部分のごちゃごちゃが余計めーだーつー(涙)。
プログラムのヘッダー部分にステージ写真を配置したのがいかんかった。
高さが減った分どーしても行間を詰めざるをえなくなった。

余ってしまう3分の1ブロックにステージ写真をでかでかと使うことにした。
ヘッダに画像さえなければ
A4の3分の1の高さと幅でプログラムのスペースがゆったりとれる。
が、マットな塗りつぶしの背景だといかにもつまらないので
背景画像をまたぞろ検索
    
こんなのとか、こんなのとか
これ以外にもいくつか石壁系の素材をいただいてきた。
こいつがまたなんとも時間かかる~。
でも根気よくしらみつぶしに見て行けばこんなのを拾える
やだ可愛い
こーゆーのが見つかると6時間の捜索の旅も報われるちゅーもんです。
カルトゥーハ修道院も知らかなったしネ。
カンジのいい背景画をゲッツできるとデザイン楽なんだけど
いかんせん探索に時間がかかる~

■仕上がり間近の本チャンプログラム。
    
これ見ても3つ折りした状態を想像できないと思うけど
これであってるんですよ~( ̄ー ̄)。
この状態なんでまぢデザインいらず。
ボツった版下からテキストをコピーして行間だの配置だのいじくりまわしてました。
今終わったところ
書体のことをなーんも考えず
「MSゴシック」のみでべた~っと貼っているので書体を吟味します。
ここまできたらあと一息。
とりあえず肩こりヤバいのでいったん寝る

2018年09月21日 (金) | 編集 |
ええ、24時にネコさんたちにお夜食をあげるので起きていたざんす。
ウチってばダンサーファミリーじゃないすか(汗)。
なのでペットといえどデブっちょはNGざんす
まぁ、いいカンジにコロコロしてますけど

お外に出さない家ネコさんなので、喰うと寝るしかない。
喰うほうをそれほど我慢させないのでコロコロっす(汗)。
でも、いっきにあげないで少量を回数多くの方針です。
面倒なんだけど
ネコさんたちと我が家のスタイルを両立させるにはこの方法しかない。

ネコさんたちに夜食をあげて、ネコトイレの掃除して
巡回コースのブログを見てまわってから寝ようと思いましたとさ。
行ったさきのブログの広告にこんなのがぁ、がぁ、がぁ!
めちゃツボ~
だが、モデル細~(大汗)!!??
デニム素材でギャザースカートって、、、 ないわ~。
どんだけボリュームアップするか考えたらとてもじゃないが買う気がおきない。
ギャザー無理~。
ちゃんとしたパターンの(?)サキュラースカートの型紙が我が家にはある
だってフラメンコのファルダは基本的にギャザーじゃないのが多いんだもん♪
自作しようと思えばできなくはない。
ただし、手仕事にほとんど不可能のない超小器用なあたしだが
ミシンだけはどうにもダメ
曲がっちゃイカンとゆーストレスに盛大に負けまくって
運針が蛇行するるなんざいいほーで
ミシンの生地押さえの下から生地いなくなって空気縫うレベル
チャリでは電柱に吸い込まれることなんてとんとなくて
「ぶーつーかーるぅ!?」と思うとちゃんと引力圏から脱出できるのに、ネ。
なんでミシンだけダメなんだろ?
ミシン仕事の際だけあたしの腕として使役すること可能な
妹とゆー名の第三、第四の腕を使うか。(よゆー)

2018年09月20日 (木) | 編集 |
本日は個人レッスンしてもらうほうの個人レッスンの日だったんですけど
長期でいれているわけではないので
先生がうっかりしてちと遅刻しました。

で、先生がいようといまいと練習することはあるので地道にやるのが王道。
、、、なんだけど~、、、
お隣の部屋からシギリージャだかマルティネーテだか知らないケド
朝っぱらから(おそらくは)バストン付きのもんのすごい弾丸サパテアド音が
あのぶんだとエッコビージャってわけじゃないと思う。
足音やその合間を埋める音(=おそらくバストン)なんかの重低音しか聞こえないので
音楽がまったく聞こえなかったけど
つか、振動音以外まで聞こえてきたらフラメンコスタジオとして防音どうかと思う
ファルセータ部分なのか? なんだったら唄振りなのか?
ポルブレかよ!? なカンジでひたすら複雑なリズムを鳴らし続けていました
聞いているだけで死ねた~
小さい部屋を使っていたので、おそらくは自主練。
朝っぱらからこのテンションで練習するかぁ~
あたしとはそもそもの人間のデキがちげーなぁ――
もちろん基礎力もちがうんだが~
そりゃ、基礎力に差もつくちゅーねん
そんなこんなでたださえ眠かったのに気力も冬眠しそうな朝でした
ちなみにギリギリに正午になってないってだけで、ほぼ昼だけど、ネ。
こんなあたしでもへレスに行けば朝10時のクラスに7日間休みなしで通えるから不思議。
マヒコdeアンダルですな~。

眠いのはいまごろ発表会のプログラムの版下を作っているから。
アンダル行くたびに印刷物用に風景とか撮ってくるんだけど
街並みってあんがい雑音ならぬ雑オブジェクト多いんだよねぇ。
プロじゃないんで、題字とか囲み罫とかブロッキングとか、、、なんつーの???
よーは、全画面写真で誤魔化さなくても
”MS Wordでおっさんが作りました”な箇条書きムーショな
なんだったらセンタリング多用だったりするくっそ”お知らせフォーマット”
にならない素敵なデザインは作れない。
かと言ってあたしが撮ってくる写真だと雑オブジェクトが多すぎて
わりと多めなテキストを乗せる背景画に適さない。
毎回そのことを念頭に
 アンダルの青空多めのフレーミングとか
 石畳多めのフレーミングとか
それなりに撮影してくるんだけど、どぉ、どぉ、、、
それはそれでアンダル感がいまいちでてこないつぅ、ネ
写真も禿げるくらい難しいですわ

けっきょく、ネットを徘徊して無料マテリアルを拾ってくるハメに、、、。
これもなかなか難しくてネ。
ヨーロッパなんてわりとどこも似たカンジなんで
ガチガチにスペイン感あるのなんかない。
あるとしたら雑オブジェクトもっちゃりな、作品として見る写真で
テキストの背景につかえる画じゃないちゅーね。
しかも、できたらフラメンコ感が欲しいわけで。
多少でもフラメンコ感がある写真ならあたしの写真のほうがマシ的、な。
それでもぢぶんの資料の中に、どうがんばってもいいカンジのがないので
すんげぇカメラを使った
プロだか? ハイアマチュアだか? の作品を漁ったほうがゴール近いゼ。
って有様でして
寝てないの~。

いったんは仕上げたんだけど
納得いかないのでレイアウト変更します(押忍っ)!
いまから。大号泣
でも、2年に1度の発表会なので禍根をのこしたくないからがんばる
使う素材は選定済なので、もう迷わない予定
配置と縦横比を変更してレイアウト変更する

ってコトを決定したってコトでとりあえず寝る
おやすみ~。

2018年09月14日 (金) | 編集 |
■ネコえさと一緒にちうもんしたブツ。
とりあえずこれがあれば、自前のイヤホンなりヘッドフォンを使える。
航空会社が用意してくれる耳の付根がいたくなるヘッドフォンとはさよなら。
メガネとかマスクを常用しないせいか?
耳にひっかけるものは付根が痛くなるざんす。

■んで、こんなのがあれば尚よし。
    
Bluetoothトランスミッターさんです。
どー見てもオーディオジャックなピンを
今回買った航空機オーディオジャック変換アダプタに差します。
と、ブルートゥースでペアリングした機器に音声を飛ばしてくれます。
つまりブルートゥース送信機。
ちなみに受信機はレシーバー。
なんでこんなのをわざわざ追加購入する気でいるかとゆーと、、、
航空機のシートは狭いから。
食事のときヘッドフォンのケーブルが邪魔。
ちょっと菓子でも取ろうとシート下にねじこんだバッグに手を入れるにも
ケーブルがいいかんじに腕とか体に絡まる。
気持ちとともにケーブルをブチ切りたくなることがちょいちょいある

ちゅうわけで邪魔なのがイヤなので
たとえ3センチでもケーブルがプランとしたタイプはイヤ。
3.5mmオーディオピンに本体が直付けされたタイプがよろしい。

でも、世の中うまくいかない。
直付けタイプは、ちょっと前の製品に多くてbluetoothのバージョンが低い。
今年のクリスマスプレゼントにもしたbluetoothイヤフォンコレは
4.1。案外古くはないです。
現在は5.0までいってる模様。
ただ、スマホの対応がまだなんでなまじ最新を買ってしまうと宝の持ち腐れ。
4.1は普及帯ってカンジで、今時ではベストな規格です。
数百円とか激安なのは3.0と思っておけばよしです。

で、bluetooth4.0の直付けタイプのトランスミッターがあっとしてですよ
気をつけてスペック表を見ないと
レシーバー(受信機)のみってのが結構な割合で混入しています。
ふつーは、そっちの需要が多くて送信はあんま需要がないからだと思います。
あたしだって飛行機に乗りさえしなければ必要ないです。
bluetoothレシーバー
稽古場のスピーカーに挿せばブルートゥースで音声ファイルを受信できます。
いつもはケーブルでスピーカーに繋いでいるでしょ。
あれが無線になる。
すぐ手の届くところにスマホなりICレコーダーなりを転がしておきぃの
巻き戻しだの、早送りだの、一時停止だのしてデカ音をスピーカーから出せる。
カーステのAXU(外部入力)に挿せばブルートゥースで音声を受信する。
アイポンに貯蔵しているお気に入りのミュージックをカーステで鳴らすとか
運転中に電話が着信したときにハンズフリーで通話できるマイク付きのもある。
ね、こっちのが需要あるでしょ。
ふつーこっちだけでいいでしょ。
bluetoothトランスミッター
bluetoothヘッドフォンやイヤフォンに音声を飛ばす。
しょっちゅう飛行機に乗らないでこれ使うのは、、、
深夜に映画を大音響で見たいけど
テレビが大画面すぎて1メートル程度のケーブルのヘッドフォンじゃ無理な人(笑)。
ね、こっちのが需要ないでしょ。
ふつーこっちはいらんでしょ。

つつがなくトランスミット機能もあるbluetooth4.0のドングルを見つけたとします。
今度は音声コーデック
無線用のは縁がなかったんで知らなかったんだけど
ま、わりとフツーにわかる範囲。
ガラケの頃のFOMA回線で重~い動画付きのメールを送られると
動画がかっつんかっつん止まってまともに見られなかった。
おなじことが無線で飛ばす音声データでも起こる。
今は豪邸のシアタールームの大画面テレビのことは忘れて
4畳半だし、テレビは23インチだし、なのに
ヘッドフォンつけて音声をテレビから無線で飛ばしていると想像してみましょう。
音声に遅延が発生して、見ている画面と微妙にあわなくなるのだね。
なので飛行機のシートで映画を見るのが主眼のあたしとしては
aptXLLとゆー音声コーデックを搭載した機器が望ましい。
圧縮率たっけ! てコトです。
送信機側にエンコード、受信機側にデコード能力が必要になる。

と、あれこれやの理由から
直付けタイプのトランスミッターにこれとゆーのがない。
タンポンタイプのケーブルぴろ~んドングルしかないみたい。
ってコトに行き着くまでに”ちゅか通販サイト”をしらみつぶしに3つ見た。
アマゾンとそう変わらないから
「bluetooth transmitter」で検索できるんだけど
BTのバージョンや、対応コーデックなんかのスペックは目チェック

■骨伝導ヘッドフォン
BTイヤフォン持ってるけど、、、これも決して快適ってわけじゃない。
長時間つけたことはないけど、やっぱ耳痛くなんじゃね? とか思ったりした。
モトローラの端末だったかな? 母のガラケが骨伝導だった気がした。
これがなかなかよかった。
耳を塞がないから環境音がこっちには聞こえるけど
まわりにぢぶんが聞いている音は聞こえない。
ただ、今時のオサレなヘッドフォンみたいに折畳めるタイプがないとみた。
折畳めてもヘッドフォンはハウジングつぅの? 耳当てがかさばるから
骨伝導ヘッドフォンの軽量小型化はなかなか捨てがたいものがある。

■bluetoothイヤフォン(もしくはbluetooth headset)
去年のクリスマス会のプレゼント交換用に買ったBTヘッドセットをぢぶんにも買った。
ので持っている。
超プラスチッキーで、安物全開のやつ。
イヤホンといえど無線なので充電せねばなりません。
あたしのはスマホの充電みたいにケーブルを挿して充電するタイプです。
今時だと、こんな充電器もかねたオッサレ~なケース付きがスタンダード。
もっと小型の指輪ケースみたいな女子っぽいのもあります。

でさ、思うんだけど
こーゆーちょっと大きめのケースはさ
紛失防止のためにあるていどの大きさにしてるんだろうけど
ちゅか人民ともあろーものが
なぜにこれにBTトランスミッターを合体させようとしなかったんだ?
ちゅか人民つったらお腹一杯、満漢全席、ゴデゴデ好きだろーがよ。

こーゆーくだらないことは相変わらず仕事はやい。


おまけ。あまりに有名な、NY元市長ジュリアーニのやっちまってる画像。
アップルかたなしにすること山のごとし。
頬に”しめじ”が刺さってますよ。

あ~、今日もお腹いっぱいネットしたわ
ブログ記事にすると調べたこと忘れないので、メモでした。

2018年09月13日 (木) | 編集 |
裾上げ完了。
おつかれあたし。

■おばあちゃんの裁縫箱ざんす。
石油由来のポリだか? ナイロンだか? の糸も含めて買い足したことなし。
これでも超糸が減った。
おばあちゃんが亡くなってから十回以上発表会やっているので
そのたびに寸法直しでめちゃくちゃ糸使っているけど
まだ買い足したことはない。
どんだけ糸持ってたんねん?

おそらく手仕事に向いた性格じゃなかったと思うんだけど
昔の人なので手仕事はした。
そして、あんまいい仕事ぶりじゃなかったはずだけど(?)
手仕事をするぢぶんが好きだったタイプ。
ちゅうよりアピール強いタイプ(苦笑)。

幼稚園からの幼馴染に似たタイプいたな~。
料理も裁縫もヘッタくそなのにやたらやりたがった子が。
しかもヘッタくそな自覚なしってどーよ?
あたし以外の人はホントの事を言ってやらなかったんだろーか???
美人だったから男子は言わなかったろーなー(遠い目)。
とりあえず卒業する先輩への手編みのマフラーは9割あたしが編んだ。
だって数日後に卒業式なのに雑巾より小さいだもん(苦笑)。
そりゃ編みますよ。
1日に10分づつ4回か5回休み時間があるので
2日ありゃガッコでフンドシなんて編める。
あ゛、、、マフラーだった

その手合いのばあちゃんの糸。
なぜか? ”とっかかり(?)”が2つ。
歳とってから目がわるくなって始点(?)がめっからなかったんだか?
どこなりとテキトーに切って必要な分だけ糸をとって使ってたみたい。
なにその想定外な使い方
知ってる人は知っている、あたしは神経質。
これは後始末が着々と進行した最後の糸。
ばあちゃんの糸は、どの巻きも始点が7、8本出ていた
巻きの外周と思われる処から使っていってキレイにしようとするんだけど
あっちこっち切れてるから10センチくらいの糸ばっかりで笑ったわ。
20年近くかかってやっとキレイになった。

この糸が全部なくなったら寂しいとか感じるんだろうなぁ~。